メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

徴兵制度と臨時召集

time 2007/11/24

臨時召集令状(表)先日、「臨時召集令状」を配布した教師が「行かない」と回答した生徒に対し、「非国民」と書いて返却したとのニュースがありました。

何も知らない素人が突然呼び出しを受けるのが臨時召集令状、というイメージがあるようですが(これには驚きました!)、もちろんそうではありません。

実は臨時召集制度というのは予備役制度と密接に関係しており、予備役が理解できていないとわからないことなんです。図らずも予備役に関連する話題が出てきたわけで、おき軍事としては、国防と予備役を考える上で、今回の案件はいい機会を与えてくれたように思えます。

当日、ある通信兵ことteruteruさんからメールをいただきました。齢80に近い元戦士は「当時の状況も知らずに適当な話をするな」と激怒されています。あわせて、当時の徴兵制度と臨時召集制度の概要も教えてくださいました。当時を知る先輩のことばに耳を傾けましょう。

(おき軍事)

「今日(2005/12/17)の毎日新聞夕刊の記事をご覧になりましたか?あまりのバカラシサにメ-ルしました。
記事の内容概略は以下のとおりです。

『福岡県志免町の中学で社会科の授業で、二年生全員218名に対して、昔、通称「赤紙」と言われた「臨時召集令状」を配布し、「戦争参加の意思」を聞き、「いかない」と回答した女子生徒に「非国民」と書いて返却したそうですが、校長は「戦争の悲惨さなどを教えるためで、問題はない」と話している。

 社会科の男性教師(48才)は、「第二次世界大戦とアジア」という授業に使用している副教材の「臨時召集令状」を使ったようですが、町教育委員会は「非国民」と書いた事実は「確認できず分からない」と、コメントした上で、1.召集令状の持つ意味を理解させる。2.生徒の歴史認識を把握する。3.戦争の悲惨さや命の大切さ、戦争が国民生活に与える影響について考えさせると、説明している。また、校長は「生命の大切さを教えるためであって、生徒の人間性を無視した教育はしていない」と、話している』

との記事です。

社会科で戦争の悲惨さや、歴史認識を把握するためと、建前論を論じていますが、そもそも、「第二次世界大戦とアジア」と題する教科書があるとすれば、著者は何も分かっていない。

「第二次世界大戦」とは、「欧州戦線と大東亜戦争」を総称した用語で、ことさら「アジア」をつけることに疑問を感じます。(注)「太平洋戦争」の用語は戦後GHQが命名した用語です。

 生徒に「戦争の悲惨さ」や「歴史認識」を教えるのであれば、「原爆記念館」の写真をスライドで見せるべきでしょう。さらに、教育委員会、校長の弁解がましい談話は、読んでいるだけでムカムカしました。日本の徴兵制度も分からず、「臨時召集」の意味もロクに理解していない教師が、得々として生徒に回答させていることに対し、学校教育のあり方に対する疎外感を覚えました。

先ず、当時の日本の徴兵制度の実際ですが、
マガジンの「年代表」作成の参考資料から、時系列的に解説します。

日本の徴兵制度の沿革
明治5年(1872)11月28日「全国徴兵に関する詔勅」および明治6年(1873)1月10日に布告された「太政官布告、徴兵令」による「国民皆兵制」が始まる。昭和2年(1927)4月1日に「徴兵令」が廃止され、代わりに「兵役法」が公布され、日本男子は満20才になると、徴兵検査を受ける義務が課せられる。

検査の結果は、「甲種」から「第一乙種」「第二乙種」「丙種」に区分されるが、「丁種」とは、身体検査の結果、身体や精神の状態が兵役に適さない者である。「丁種」以外は、兵役原簿に登記(徴兵年次、兵科など)され、各都道府県にある「連隊区司令部」に保管される。

但し、大学生は最高27才まで徴兵が延期されていた。しかしこの制度は、戦線の拡大に伴い昭和18年(1943)10月に廃止された。通称「学徒出陣」と言われるが、多くの学徒兵は「特操」(特別操縦見習士官)に編入され、その多くが「特攻出撃」で戦死している。

なお、太平洋戦争当時は、現役入隊後、各兵科の訓練を終えると、そのまま戦地へ派遣された。

臨時召集令状(裏)「臨時召集」とは?
戦局の悪化に伴い、現役で軍隊教育を受けた者(一般的には「在郷軍人」と呼ばれていた)に対して地区連隊区司令部から発令されたのが「臨時召集令状」である。在郷軍人というのは、いわゆる「予備役兵」のこと。

召集令状は通称「赤紙」と呼ばれていたが、実際の召集規則によれば、陸軍の充員召集、臨時召集、国民兵召集の召集令状は「淡紅色」(ピンク色)で、海軍の充員召集令状は「紅色」と定められていた。

概略は以上ですが、例の中学教師は、これらのことを充分勉強した上で、生徒に対するアンケ-ト形式の調査をしたのかどうか、甚だ疑わしいです。
日の丸、国歌を否定し、その挙句、日本そのものを否定する思想の持ち主が、いまさら「召集令状」の意義を問いただす資格はなく、全く噴飯ものと言わざるを得ません。

真の「平和」を希求するために、我々は「今なにをなすべきか」を教えるのが、学校教育の姿ではないでしょうか。
「教育委員会」および「校長」の発言内容は、現在の日本の姿そのものを象徴しているように痛感します。

(teruteruさま)


sponsored link

コメント


  • 徴兵制度の話ですが・・・

    これとて裁判員制度と同じように「あれ?何時の間に決まったの?」になるかも知れません

    by 軍事情報 €2008年3月21日 5:50 PM

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon