*

徴兵制度と臨時召集

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 軍事知識 , , , ,

臨時召集令状(表)先日、「臨時召集令状」を配布した教師が「行かない」と回答した生徒に対し、「非国民」と書いて返却したとのニュースがありました。

何も知らない素人が突然呼び出しを受けるのが臨時召集令状、というイメージがあるようですが(これには驚きました!)、もちろんそうではありません。

実は臨時召集制度というのは予備役制度と密接に関係しており、予備役が理解できていないとわからないことなんです。図らずも予備役に関連する話題が出てきたわけで、おき軍事としては、国防と予備役を考える上で、今回の案件はいい機会を与えてくれたように思えます。

当日、ある通信兵ことteruteruさんからメールをいただきました。齢80に近い元戦士は「当時の状況も知らずに適当な話をするな」と激怒されています。あわせて、当時の徴兵制度と臨時召集制度の概要も教えてくださいました。当時を知る先輩のことばに耳を傾けましょう。

(おき軍事)

「今日(2005/12/17)の毎日新聞夕刊の記事をご覧になりましたか?あまりのバカラシサにメ-ルしました。
記事の内容概略は以下のとおりです。

『福岡県志免町の中学で社会科の授業で、二年生全員218名に対して、昔、通称「赤紙」と言われた「臨時召集令状」を配布し、「戦争参加の意思」を聞き、「いかない」と回答した女子生徒に「非国民」と書いて返却したそうですが、校長は「戦争の悲惨さなどを教えるためで、問題はない」と話している。

 社会科の男性教師(48才)は、「第二次世界大戦とアジア」という授業に使用している副教材の「臨時召集令状」を使ったようですが、町教育委員会は「非国民」と書いた事実は「確認できず分からない」と、コメントした上で、1.召集令状の持つ意味を理解させる。2.生徒の歴史認識を把握する。3.戦争の悲惨さや命の大切さ、戦争が国民生活に与える影響について考えさせると、説明している。また、校長は「生命の大切さを教えるためであって、生徒の人間性を無視した教育はしていない」と、話している』

との記事です。

社会科で戦争の悲惨さや、歴史認識を把握するためと、建前論を論じていますが、そもそも、「第二次世界大戦とアジア」と題する教科書があるとすれば、著者は何も分かっていない。

「第二次世界大戦」とは、「欧州戦線と大東亜戦争」を総称した用語で、ことさら「アジア」をつけることに疑問を感じます。(注)「太平洋戦争」の用語は戦後GHQが命名した用語です。

 生徒に「戦争の悲惨さ」や「歴史認識」を教えるのであれば、「原爆記念館」の写真をスライドで見せるべきでしょう。さらに、教育委員会、校長の弁解がましい談話は、読んでいるだけでムカムカしました。日本の徴兵制度も分からず、「臨時召集」の意味もロクに理解していない教師が、得々として生徒に回答させていることに対し、学校教育のあり方に対する疎外感を覚えました。

先ず、当時の日本の徴兵制度の実際ですが、
マガジンの「年代表」作成の参考資料から、時系列的に解説します。

日本の徴兵制度の沿革
明治5年(1872)11月28日「全国徴兵に関する詔勅」および明治6年(1873)1月10日に布告された「太政官布告、徴兵令」による「国民皆兵制」が始まる。昭和2年(1927)4月1日に「徴兵令」が廃止され、代わりに「兵役法」が公布され、日本男子は満20才になると、徴兵検査を受ける義務が課せられる。

検査の結果は、「甲種」から「第一乙種」「第二乙種」「丙種」に区分されるが、「丁種」とは、身体検査の結果、身体や精神の状態が兵役に適さない者である。「丁種」以外は、兵役原簿に登記(徴兵年次、兵科など)され、各都道府県にある「連隊区司令部」に保管される。

但し、大学生は最高27才まで徴兵が延期されていた。しかしこの制度は、戦線の拡大に伴い昭和18年(1943)10月に廃止された。通称「学徒出陣」と言われるが、多くの学徒兵は「特操」(特別操縦見習士官)に編入され、その多くが「特攻出撃」で戦死している。

なお、太平洋戦争当時は、現役入隊後、各兵科の訓練を終えると、そのまま戦地へ派遣された。

臨時召集令状(裏)「臨時召集」とは?
戦局の悪化に伴い、現役で軍隊教育を受けた者(一般的には「在郷軍人」と呼ばれていた)に対して地区連隊区司令部から発令されたのが「臨時召集令状」である。在郷軍人というのは、いわゆる「予備役兵」のこと。

召集令状は通称「赤紙」と呼ばれていたが、実際の召集規則によれば、陸軍の充員召集、臨時召集、国民兵召集の召集令状は「淡紅色」(ピンク色)で、海軍の充員召集令状は「紅色」と定められていた。

概略は以上ですが、例の中学教師は、これらのことを充分勉強した上で、生徒に対するアンケ-ト形式の調査をしたのかどうか、甚だ疑わしいです。
日の丸、国歌を否定し、その挙句、日本そのものを否定する思想の持ち主が、いまさら「召集令状」の意義を問いただす資格はなく、全く噴飯ものと言わざるを得ません。

真の「平和」を希求するために、我々は「今なにをなすべきか」を教えるのが、学校教育の姿ではないでしょうか。
「教育委員会」および「校長」の発言内容は、現在の日本の姿そのものを象徴しているように痛感します。

(teruteruさま)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

クビにせよ

「守屋次官を退任させ、後任に西川官房長を昇格させる」とする小池大臣の人事案が六日、マスコミにリークさ

記事を読む

no image

「そうりゅう」 ついに! でも・・・

「そうりゅう」の記事(*)を拝見しました。 「とうとう来たか!」の感慨があります。 我々の若い頃

記事を読む

【8月12日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国との偶発的衝突に備えよ!あの冷戦時代の大事件の秘話も!ゲスト永岩俊道元西部航空方面隊司令官・航空支援集団司令官元・空将」【チャンネルくらら】

●中国の公船、漁船が尖閣周辺の日本の領海に相次いで進入する理由は?地域限定戦争なら米国に対峙

記事を読む

【8月19日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「平和安全法制は戦争法?国際法と国内法に挟まれる自衛官の実態を、佐藤庫八千葉科学大学教授・元一佐にお聞きします!」【チャンネルくらら】

佐藤さんのデビュー作です。 日露陸戦国際法論を読み解く 佐藤 庫八 (著)

記事を読む

no image

ロシア潜水艇事故

AS-28[/caption]0.状況(おき軍事) 1.質問と回答(回答:ヨーソロ) 2.思う

記事を読む

【2月3日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプの外交防衛政策どう見る?マティス新国防長官来日で今後の日米安保体制はどうなる?」用田和人元陸上自衛隊西部方面総監・陸将【チャンネルくらら】

 

記事を読む

180124配信【驚くほどよくわかる防衛論(14)】 市川文一(元陸将補)

もくじ □はじめに ▼日本の防衛力整備の方向性を考察、提言 ▼北朝鮮の核・ミサイルへの

記事を読む

【4月21日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「米中は朝鮮半島で激突する~第二次朝鮮動乱が勃発か!?」福山隆元陸将 倉山満【チャンネルくらら】

 

記事を読む

171206配信【驚くほどよくわかる防衛論(9)】 市川文一(元陸将補)

もくじ □はじめに ▼兵器や兵員の数で日本周辺の安全保障環境を概観する ▼海に囲まれた

記事を読む

no image

戒厳令と非常事態令はどこがどう違うのでしょうか?(その1)

From:製パン居士  戒厳令は、軍が国家の統治機能(一部、又は全て/全国、又はある地域))を

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Comment

  1. 軍事情報 より:


    徴兵制度の話ですが・・・

    これとて裁判員制度と同じように「あれ?何時の間に決まったの?」になるかも知れません

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑