メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

time 2000/10/25

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

news3メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴリーのメルマガで日本一の発行部数を誇っており、毎週、軍事・自衛隊・国防に関係する情報を、無料で提供しています。最大手のメールマガジン発行スタンド「まぐまぐ」においては、まぐまぐ殿堂入りメルマガにも認定されています。

現在、次のスケジュールで配信しています。

月曜日 0800配信 最新軍事情報(お休み中)

火曜日 0800配信 自衛隊ニュース(お休み中)

火曜日 2000配信
[連載]情報史と女性 上田篤盛

水曜日(月2回) 0900配信
[連載]日本陸軍の兵站戦 荒木肇

木曜日 2000配信
[連載]ライター・渡邉陽子のコラム 渡邉陽子

金曜日 2000配信
[連載]加藤大尉の軍隊式英会話 加藤喬

毎月20日ごろ(月1回)
[連載]「日の丸父さん」(エッセイ+漫画) 石原ヒロアキ

sponsored link

主な実績

メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」の ”殿堂入りメールマガジン” に選出。

月刊「軍事研究」別冊 「ワールドインテリジェンス」第8号(世界を知る情報の読み方)で、発行人エンリケ航海王子のインタビューが掲載。(2007年9月)

メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」が主宰する「まぐまぐ大賞2007」(ニュース・情報源部門)にノミネート。(2007年12月)

まぐまぐ大賞2007(ニュース・情報源部門)第三位受賞(2007年12月)

news3

宗教ジャーナリスト・斎藤吉久氏が運営するインターネット新聞「お友だちタイムズ」(2008年3月30日号)で、エンリケ航海王子の寄稿「これからもよろしく」が掲載。(2008年3月)

http://homepage.mac.com/saito_sy/otomodachi/Personal158.html

連載記事「数学者が見た 二本松戦史」が書籍化されました。(2011年5月31日)


数学者が見た 二本松戦争

連載記事 「闘う日本人の兵法 闘戦経」が書籍化されました。(2011年11月17日)


闘戦経 (武士道精神の原点を読み解く)

連載記事「本土決戦準備の真実-日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか-」が書籍化されました(2015年7月6日)


大東亜戦争と本土決戦の真実

連載記事「兵法三十六計」が書籍化されました(2016年10月3日)


中国戦略悪の教科書 (『兵法三十六計』で読み解く対日工作)

↓がメルマガ登録フォームです。

メルマガ購読・解除

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

国史に対する視座の歪みを治す方法

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・