メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

榊枝閣下の動画(改訂版)

time 2009/06/09

090519の自衛隊ニュースで、
小平学校長兼ねる小平駐屯地司令 榊枝宗男陸将補[陸軍少将]の
将官として初の海外派遣をお伝えしました。(下に添付してます)
記事にもありますとおり、PKOの世界で榊枝閣下は高名な方です。
派遣は先週終了しましたが、
閣下の現地での活動を紹介したTV番組が
ネットで公開されてます。(日テレの24時間ニュースです)
http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dw/ng.html?m_url=090601005&n_url=136649


想像ですが、閣下はPKOメンターとしてアフリカの上級将校訓練に
あたったのだろうと思います。将軍派遣の意味合いは、それほど大きい
ものです。(メンターについては、下の参考記事でご確認ください)
下の記事にもありますとおり、
メンターと言うことばは、よく耳にする「講師」というニュアンスの
軽いことばではありません。
訓練を受けたアフリカの諸官は、今後のPKO活動にとりくむ中で、
師匠である閣下の教えを忠実に形にしてゆくことでしょう。
その過程で、今回の派遣をきっかけとする新たな国家関係が
生まれるかもしれません。
中には今後、国家指導者になる人が出るかもしれません。
相手にとっては具体的に役に立ち、わが方にも益がある。
素晴らしい「国家資源の投資」であり、国際貢献ですよね。
いったい誰が絵を描いたのか?
聞いてみたいものです。笑
わが自衛隊のPKO派遣を通じて得た資産を、わが国益に活かす。
その意味で、閣下の派遣は想像以上に重要なことと思います。
この種の動画は早く消えるのでお早めにどうぞ。
⇒ http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dw/ng.html?m_url=090601005&n_url=136649
【参考 090519配信 自衛隊ニュースより】
■榊枝閣下がPKOトレーニングで将官として初の海外派遣へ
PKO:AUに教育訓練…日本が国連と共同で
アフリカ連合主催のPKO訓練に初の将官派遣 防衛
荒木肇先生のメルマガやご著書をお読みの方ならよくご存知でしょうが、
軍の本質は教育にあり、平時の軍は「人を育てる」教育機関そのものです。
優れた軍は、優れた教育機関です。
優れた将校は優れた教育者です。
わが自衛隊も例外ではありません。
上記記事等によれば、
小平学校長兼ねる小平駐屯地司令の榊枝宗男陸将補[陸軍少将]が、
この22日から6月3日にかけてエジプトのPKOセンターに派遣され、
カナダ軍の将軍等とともに、AU(アフリカ連合)が設置を目指す
常設平和維持軍の上級幹部予定者25人に訓練を施すということです。
榊枝閣下は、陸上幕僚監部で国際協力室長を務められたことがあり、
PKOの世界では高名な方と聞いています。
エジプトPKOセンターといえば、
昨年11月に、2名の陸自将校が講師として派遣されています。
そのときの教育内容・姿勢が素晴らしかったということなのでしょう。
(このときの記事は、参考資料として下に添付します)
記事には、役割分担してPKO演習を行い、講師が実体験に基づき指導を
行なうということも書かれていますが、こうした指導を行う講師のことを、
国連等ではメンター(mentor)と呼んでいるようで、このことばは最近よく
耳にします。
知る限りですが、日本語で言われる「講師」という軽い意味合いの言葉で
はありません。
「生徒達の今後の歩みの方向付けをする存在」「成功に導く先達」「師匠」
というニュアンスをもつ、とても重い言葉です。
国際社会がもとめるPKO訓練メンターの任を果たすには、
国は、わが自衛隊から将軍を送ってはじめて可能になる、ということでしょう。
国際社会でのわが将校の活躍が広く伝わり、
わが自衛隊がもつ、教育をはじめとするすばらしい資産・価値が、
ひとりでも多くの国民・世界の人々の心にしみとおるよう望みます。
もしかしたら、わが自衛隊の価値をしらないのは、
戦後日本の空気 だけかもしれませんが、
今回の派遣は、想像以上におおきな一歩となる予感がします。
もちろんいい意味で。
最後になりましたが、
榊枝閣下のご活躍と、それをサポートするご家族、わが自衛隊関係者の方々の
ご健勝を願ってやみません。
【参考】 081125配信 軍事情報「自衛隊ニュース」より
——————————
■エジプトの「PKOセンター」に、わが陸自将校が講師として派遣
防衛省発表によれば、エジプトにある通称「PKOセンター」にわが陸自から
二名の将校が講師として派遣されています。
派遣されているのは次のお二方です。
●高橋 洋二 二等陸佐[陸軍中佐] 高橋2佐の現在の所属は、統幕運用部運用2課国際協力室です。
2佐は22次ゴラン高原派遣輸送隊長のご経験をお持ちです。
●榮村 佳之 二等陸佐[陸軍中佐] 榮村2佐の現在の所属は、中央即応集団国際活動教育隊(駒門駐屯地 隊長
軽部1佐)です。
2佐はイラク復興業務支援隊員のご経験をお持ちです。
・派遣先
アフリカ紛争解決平和維持訓練カイロ地域センター
(CCCPA:Cairo Regional Center for Training on Conflict Resolution
& Peacekeeping in Africa)
・派遣期間
11月21日(出国)~11月30日(帰国)
⇒参加できるものなら参加してご教授を受けたいものですね。笑
わが若手将校のハレの舞台が増えることは、素晴らしいことです。
——————————

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・