*

わが国の真実を伝えるメディア


■マトリックス
「マトリックス」という映画がありましたが、
この映画のキモをつかんでいる人は、見た人の
おそらく0.7%程度しかいないと思います。
何がキモなのでしょう?
「われわれが信じている現実のほとんどすべては、
マスコミによって作られた蜃気楼・砂上の楼閣のようなもの」
ということです。

2.その他、価値ある動画
■すべての日本人に告ぐ!?
⇒あの超有名な世界的喜劇役者が、あなたに感動的なメッセージを伝えます。

■ランボー松原 怒りの鳩山!?
⇒なんと、田母神閣下も登場します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【1月27日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「大国間の戦争はあるか?米中戦争、その時日本は必ず巻き込まれる!」渡部悦和元東部方面総監【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

Other People’s Wars: PLA Lessons from Foreign Conflicts

Authored by Mr. Daniel Alderman, Mr. Joe Narus. Ke

記事を読む

no image

「尖閣諸島は日本領土」の中国語版

「尖閣諸島は日本領土」の中国語版の内容の一部。[/caption] 支那に向けてというよりも

記事を読む

no image

総合改革推進PTが報告書

寺田政務官臨時会見概要 平成20年3月28日(15時32分~15時47分)  http://www.

記事を読む

no image

南京学会、真相解明し今月解散 “事件”実態は「プロパガンダ」

2012.9.9 00:55 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/l

記事を読む

【8月5日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイル日本EEZ内に落下!朝鮮半島は今後どうなる?日本の防衛は?~福山隆元西部方面総監部幕僚長・陸将にお聞きします!」【チャンネルくらら】

防衛駐在官という任務 ~38度線の軍事インテリジェンス~ 福山 隆 (著)

記事を読む

no image

Re:深夜タクシー問題と自衛官(イーグルに~さん)

深夜タクシー問題については、まさにメールで記載されていたとおりです。(*) 確かに自衛官には、入隊以

記事を読む

no image

小野寺防衛大臣着任会見概要

右が小野寺大臣。[/caption]121226発足の第2次安倍内閣で防衛大臣になった小野寺五典防

記事を読む

【10月14日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「いよいよNEOも動き出す?在韓邦人退避計画とは?」福山隆元陸将【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

Rebuilding Armed Forces: Learning from Iraq and Lebanon

Authored by Dr. Florence Gaub. Learning from the a

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑