メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

【2/14を待て】ホンモノの兵法を愛する男たちへ

time 2015/02/06

【2/14を待て】ホンモノの兵法を愛する男たちへ

こんにちは。エンリケです。

多かれ少なかれ、
よりよく生きようとすれば、
”戦い”から目を背けることは
できません。

自分との戦いから始まり、
競争相手との戦い、
身近な人びととの戦い、
敵との戦い
・・・・・

戦うことは、
人が人として生きるうえで、
避けることのできない道なんですよね。

戦いから逃げる限り、
生きるとは程遠い、
無気力で言い訳がましい愚痴に
まみれた人生から抜け出すことはできないでしょう。

問題は、
自分が目指すものを得るため、
いかに戦うべきか?
について、

最適の道をきちんと選び、実践するだけの力を
身につけることでしょう。

平成の御代に、
民間の人間が兵法を学ぶ
最大の理由は、
この点にあるのではないでしょうか?

いま兵法を学ぶ場として、
ここほどあてにできる場はありません。

いま、兵法が見逃せない! 兵法力を磨いて武器にする!
兵法の定番 「家村中佐の兵法講座」の最新講座です。

エンリケ

第20回 家村中佐の兵法講座 ― おもしろいほどよく分かる孫子兵法

今日でも世界中の軍人、政治家からビジネスマンまでが、
2500年以上も昔に書かれた孫子の兵法から戦略・戦術の
立て方を学ぼうとするのはなぜでしょうか?

それは十三篇から成る孫子兵法がその記述体系から各篇の
内容にいたるまで、全て「勝つための戦略的思考」そのもの
だからです。

本講座では、こうした孫子の戦略的思考を、
クラウゼウィッツ「戦争論」や「闘戦経」との対比、戦史や
現代の社会情勢などを交えつつ、図や絵を用いて初歩から
分かりやすく解説してまいります。

全6回のうち初回となる今回は、『孫子』の全体構成から
読み解く「戦略的思考過程」と第一篇「始計」に記されている
「勝つための戦略的・戦術的判断」についてお話しいたします。

————————————–

■演 題:『孫子』の全体像と第一篇「始計」

■日 時:
 平成27年2月14日(土)12:30開場、13:00開演(15:30終了予定)

■場 所:靖国会館 2階 田安の間

■参加費:1,000円(会員は500円、高校生以下無料)

■お申込:
 MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp 
 FAX 03-3389-6278
 件名「兵法講座」にてご連絡ください。

※配布資料準備のため、つとめて事前申込みをお願いします。

■今後の予定
  4月25日 戦いと攻略
  6月    戦いの原理・原則
  8月    勝つための戦術・戦法 その1
 10月    勝つための戦術・戦法 その2
 12月    情報と戦略的思考
—————————————

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・