メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

【2014年6月4週】今週の軍事情報

time 2014/06/28

【2014年6月4週】今週の軍事情報

こんにちは。軍事情報のエンリケです。
今日は集団自衛権行使です。
詳しくは編集後記で。

きょうの内容です
—————————-
■ 今週お届けした軍事情報
■ 耳寄り情報:
 おススメの日帰り軍事ツアー(東京発着)
■ 読者から:
 自信を持って生きてゆこう
■ 編集後記
—————————-

■□ 今週お届けした軍事情報

▼6/22(日)
【本の紹介】肩ひじ張らずに皇室を知ろう

⇒2冊の本を紹介しました

『まんがで読む古事記5』久松文雄著
http://okigunnji.com/1tan/lc/kojiki5.html

『皇室論』高森明勅(著)
http://okigunnji.com/1tan/lc/koshitsuron.html

『まんがで読む古事記』はもう5回目の配本
です。これからも楽しみにしてます!

▼6/24(火)
『ロレンスで分かるイラク急変の衝撃度 ─
国際政策コラム<よむ地球きる世界>No.183』
大礒正美

⇒イラク情勢のキモがつかめる重要な情報でした。
イラク北部を制圧したとされる組織名のキーワード
「L」を知ることができたのは非常に大きかったの
ではないでしょうか・・・

▼6/24(火)
日本戦史の光と影(26) 大山格
『東条英機の光と影(帝国陸軍の光と影6)』

⇒大山さんの東條評は非常に面白かったですね。
官僚軍人の典型だった東條の人生を垣間見れました。

▼6/25(水)
大正時代の陸軍(34) 荒木肇
『砲兵と歩兵の論争・第一次世界大戦から学んだこと(5)」

⇒1919年(大正8年)の陸軍は極めて重要。
という着眼点をいただきました。平成の今、大正時代の軍事
の研究は極めて重要と思います。この連載は、きわめて価値
の高い史料と思います。

▼6/26(木) 
(新)防衛ライター・渡邉陽子のコラム (1) 渡邉陽子
『今日から軍事情報デビューです』

⇒今週からスタート。渡邉さんの連載です。
やわらかい語り口で気楽に読むことのできる内容でしたね。
これからもふわりと書いていただこうと思っています。
「空飛ぶ広報室みたいですね」との声もいただきました!

バックナンバーサイト設置準備中です!(7/3公開予定)

▼6/27(金)
 楠木正成の統率力 家村和幸
『【第6回】恩賞の与え方と受け方』

最後の逸話に、わが国古来から伝わる絶妙の
バランス感覚を感じました。

統率力・リーダーシップなるものは、
上に立つ者の心がけだけで生まれるものではない
ということなのでしょう。

バックナンバーはこちらでお読みいただけます
⇒ http://okigunnji.com/nankoleader/

▼6/27(金)
【本の紹介】「証言 自衛隊員たちの東日本大震災」大場一石

⇒大場さんの本を紹介しました。
聞き取りによるオーラルヒストリーブックと言って
差し支えない内容でした。

「証言 自衛隊員たちの東日本大震災」
 http://okigunnji.com/1tan/lc/isseki.html

▼6/27(金)
加藤大尉の軍隊式英会話 加藤喬
『全自動軍用散弾銃━━ショットガン(6)』

⇒今回紹介されていたのは、
ショットガンの進化の頂点にある
「AA12」(オートマチック・アサルト12ゲイジ
 口径12番の全自動軍用散弾銃)でした。

読むだけで嫌な汗が出てきましたねw

■□ 耳寄り情報

おススメの日帰り軍事ツアー(東京発着)

わが防大は、統合予科士官学校に相当する学校です。
(士官学校に相当するのは陸海空の幹部候補生学校です)

普段は、関係者以外立ち入ることはできませんが、
実は、知る人ぞ知る、防大見学ツアーがあります。
非常にレアな「防大グッズ」が買えるのもうれしいことです。

このツアーではその他、
軍艦「三笠」の見学、そしてわが海自、米軍の軍艦を
目の当たりにできる横須賀軍港クルーズまで、
一日で楽しめます!

お昼はもちろん「海軍カレー」!

日帰りで、この全部を味わえるのは
なんともオトクな感があります!!

チェックしてる人はすでに動いているはず
なので、申込はお早めにどうぞ。

このツアーの詳細はコチラで

「『横須賀軍港クルーズと防衛大学校見学バスツアー』
(横須賀名物「海軍カレー」の昼食付き)」
http://okigunnji.com/1tan/lc/gunko.html

■□ 読者から

「自信を持って生きてゆこう」

いつも大変興味深く、メールマガジン軍事情報
を読ませて頂いております。ありがとうございます。

近代史を余りよく知らなかったのですが、
最近少しずつ勉強させていただいています。
日本の日清日露戦争は、当時の帝国主義・植民地
主義の毒牙から日本が避けるやむを得ない状況
であったのかなと思っています。特に日露戦争
で日本が敗れ、もし日本がロシアの植民地と
なっていたら、今の世界はなかったのでは
ないかと安堵しております。

東南アジアから欧米を追い出していなかったら、
アジアの今はなかったのかもしれません。
最近の韓国と中国の対応は言語道断です。
しっかりと調査し、戦略を立てて反論していく
べきだと思います。

欧米人は中南米、南米、アフリカ、アジアで
植民地主義を貫き、現地人の殺戮虐殺を
繰り返していたようです。
日本人の古来からの感性とは相容れないと
思います。戦後の状況を見直して、自信を
もって生きていく必要があるかと思います。

今後ともいろんな情報をよろしくお願いします。

(又三郎)

⇒又三郎さん、ありがとうございます!

「日本人の古来からの感性とは相容れない」
「自信をもって生きていく必要がある」
確かにその通りですよね。

胸を張って、自信を持って生きてゆける日本人。

もしかしたら、国防も、安保も、政治も、
外交も、河野談合問題も、教育改革も、
改憲も、新しい憲法制定も、核武装も、
情報戦への対応も、すべてはその目的

「胸を張って、自信を持って生きてゆける日本人」

を実現する手段なのかもしれません。

(エンリケ)

■□ 本の紹介アンケート

読みたい本を教えてください。
まだ広く知られていない
本格派の書籍なら積極的に紹介します。
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html
本の紹介アンケート

■□ 編集後記

集団的自衛権行使のはなしが
一段落しました。

正直内容に不満はありますが、
祖国再生マグマの動きが目に見えるように
なった、という印象です。

たかがこのレベルのことに、
これだけの資源と力を注がなければ
ならない現状。

それが戦後日本の現実なのでしょう。

次は改憲です。

これについては、ある読者の意見に
激しく同意しますね。

70年もできなかった新憲法制定が
いますぐできるわけありません。

改憲という階段を踏まない限りそれは
決して実現しません。

そのためには、
一歩一歩を着実に固めて前に進む手堅さ、
地味さに耐える力こそ必要です。

我慢できずに華々しく特攻し、これまでの成果を
台無しにする傾向、勇ましい言論には
要注意です。

昭和21年の先帝陛下の勅語
「五箇条のご誓文に戻り国家を再興する」
を忘れることなく、祖国再生に力を注ぎましょう。
地に足をつけて。

ではまた来週!

エンリケ

■□ おススメ本

「あなたの習った日本史はもう古い!」(荒木肇)
32のトピックを取り上げ、昭和時代に教えられた歴史と
いまの歴史の常識の違いを浮かび上がらせる試み。
あなたが知っている源頼朝、足利尊氏の顔、実は・・・
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/140430.html

「レックス 戦場をかける犬」(マイク・ダウリング 加藤喬)
イラク戦争でIEDによる被害が増えたため米軍は、
ベトナム戦争以来となる「軍用犬」の運用を決定した。
しかし・・・
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/140430a.html

「人はなぜ平和を祈りながら戦うのか?」 (星川啓慈 石川明人)
戦いをめぐって人間が抱える本質的な二面性。
このきわめて大きなテーマに、宗教学の立場から取り組む。
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/ishikawa1404.html

「第一次大戦陸戦史」(別宮暖朗)
素人でも第一次大戦の概要が掴める貴重なガイドブック。
リデルハートの「第一次大戦史」を読む前に読むべき本。
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/ww11.html

「プーチン最後の聖戦」(北野幸伯)
ソ連崩壊後落ちぶれてしまった大国・ロシア。
そんなロシアを世界の大国に復活させたリーダー・
プーチンを通じ、ソ連崩壊後のロシアと国際社会の
いまに至る動きをわかりやすく整理した名著。
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/putin1.html

■□ 軍事情報のおススメ

メルマガ 本土決戦準備の真実(全25回 家村和幸)
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurahondo.html

メルマガ 坂の上の雲と史実日露戦争(全5回 長南政義)
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/chonansakanoue.html

メルマガ 戦う日本人の兵法 闘戦経(全13回 家村和幸)
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/tosenmm.html

■□【配布】『安倍晋三内閣が策定した「国家安全保障戦略」
を読み解く』(洗 堯)

⇒元陸将・元東北方総監の洗さんが『軍事研究』誌
2014年5月号~7月号に連載された記事の
配布(PDF)です。

安倍政権の国家安全保障戦略のキモを伝え、
わが国防戦略の全般をつかめる優れた記事です。

読みたい方は↓まで。
http://okigunnji.com/post-1863/

■□ ロングセラー

日露戦争を世界はどう報じたか?
平間洋一など
⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/hiramanitiro.html

■□ 募集しています
書きたいものがある書き手さん、世に出したいコンテンツを
お持ちのあなた、、、メルマガ『軍事情報』で何かしたいと
思う方は、ご遠慮なく相談ください。↓
 http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

きょうも、最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。さて
いま、メルマガ広告を募集しています。広告料は格安の3240円です。
この機会をお見逃し無く!!それではまた!
★ 広告希望→ http://okigunnji.com/ad/

—————————————————————-
メールマガジン: 軍事情報 「今週の軍事情報」
発行責任者: エンリケ航海王子 (おきらく軍事研究会)
連絡先: http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html
メールアドレス: okirakumagmag■■gmail.com (■■を@に置き換えてください)


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 

自己紹介

おき軍事

おき軍事

軍事に関する歴史から技術、戦略・指揮統率、こぼれ話、今の自衛隊事情、インテリジェンス、そして軍事英語まで。軍事に関わる全てのことがらをカバーしている日本唯一の無料総合軍事メルマガです。配信はほぼ毎日。 執筆者は、将軍、提督、元米軍士官、軍制史の権威、ベテランライター、インテリジェンスのプロ、防衛問題研究家など。20年の歴史を持つメルマガならではの、他では得られない粒ぞろいの陣容です。 冷戦構造の崩壊を契機に、千年に一度レベルの大激動時代に入った世界でわが国がサバイバルするには、国民レベルで「現代の武」をわきまえておく必要があります。 それに資する情報を無料で伝えています。

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

『日の丸父さん』石原ヒロアキ


「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

メルマガ登録

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon