メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

【読者投稿】「ぼくらの祖国」  青山 繁晴 (著) を推薦します。

time 2014/06/21

【読者投稿】「ぼくらの祖国」  青山 繁晴 (著) を推薦します。

「ぼくらの祖国」  青山 繁晴 (著) を推薦します。

この本の特徴は、「祖国とは何か」「愛国心とは何か」
を一個人(著者)の行動を通じて読者に痛烈に
問いかけていることです。

元新聞記者で安全保障の専門家である著者が、
安保問題に対する日本政府の対応を調べ、
数々の事なかれ主義、妨害に屈せず、素人にも
解りやすく安保問題の実情を記しています。

拉致問題、福島原発、メタンハイドレートなど、
メディアからは知らされない側面を知るだけでなく、
自らの保身・利益を顧みずただひたすら日本の
為、子孫のために奔走している著者の姿を通し、
読者自身に「このままでいいのか?」と
問いかけているのです。(おき軍事さまと同じですね。)

そして筆者の強い意志と深い愛国心が著書を
通して伝わってきます。特に注目すべきは
硫黄島で祖国を守るために、また家族を守る
ために想像を絶する過酷な環境で体を張って
戦ったわが英霊に対する深い敬愛の念です。

私は自分の無知を恥じ入るとともに、祖国を
守ってくださった先輩方に戦後ひどい仕打ち
をしてきたことを読むたびに何度も何度も
涙が頬を伝いました。

戦後教育を受けてきた私にとって、硫黄島は
「激戦地」としか知りませんでした。
そこで、どんなに深い愛情と愛国心をもって
果敢に戦った立派な日本人がいたのかを
知ることで、自分の中に祖国日本と日本精神
を強く感じ、「国防とは何か」を深く考えさせられました。

この本は私のような素人向けの本です。
安保問題に対する知識を求めているので
あれば物足りないかもしれませんし、著者の
原発に対する見解も異論が色々あると思います。

「軍事情報」の読者様には常識的なことが
書かれているだけかも知れませんが、あえて
推薦する理由は私たちの「愛国心」を問いかけて
いるからです。

国防には「知識」と「愛国心」が車の両輪の様に
なくてはならないものだと思います。
これらの本によって日本人の愛国心を喚起し育て、
より多くの人が歴史の真実を学び国防に関心を
持つことを願っています。

「ぼくらの祖国」  青山 繁晴 (著)

(さくら)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

国史に対する視座の歪みを治す方法

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・