*

いいあんばいの保守誌

公開日: : 最終更新日:2014/06/17 おすすめの軍事本・書籍 , , ,

こんにちは。エンリケです。

ひとつの記事の長さは、
長すぎず短すぎずの絶妙さ。

マンガ連載の割合もちょうどいい。

書籍紹介の量もちょうどいい。

書かれている内容も、
時代の気分を適宜適切にすくいあげたものばかり。
有益な基礎知識から貴重な裏情報まで手に入る。

書き手もベテランからほぼ素人までバラエティに
富んでいる。

要するに、

「いいあんばいの保守誌」

です。

クオリティ誌にありがちな、
見下され感がないのもいいところです。

http://okigunnji.com/1tan/lc/japa19.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

瀬戸弘幸:「有田芳生の研究」

こんにちは。エンリケです。 有田という公人の言動を分析し、その背後に何があるか? を考えるた

記事を読む

兵頭二十八:「兵頭二十八の防衛白書2016 」

軍事評論家として兵頭二十八さんは異色の存在です。 どこが異色かといえば、 発想と着眼点の

記事を読む

no image

中共のにおい、恥ずかしくありませんか?

こんにちは。エンリケです。 習近平の中共という観点から、21世紀の中共がどういう原

記事を読む

no image

『ゼロ戦の秘密』

■第1章は、零戦の実戦記録です。 操縦士たちの「戦闘機乗り魂」が余すところなく表現されており、実に面

記事を読む

山村明義:「劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史」

こんにちは、エンリケです。 いい大人なのに、テレビやカメラの前で 白昼堂々と、妄想的な発言や

記事を読む

no image

ロナルド・ケスラー:シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~

『シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~』 著:ロナルド・ケスラー 訳:吉本晋一郎 発行:並木

記事を読む

【防人の道NEXT】オリンピックと自衛隊-渡邉陽子氏に聞く

【ニコニコ動画】【防人の道NEXT】オリンピックと自衛隊-渡邉陽子氏に聞く桜H28/7/13] 取

記事を読む

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争

「中国が仕掛けるインテリジェンス戦争」 これほど詳しく支那情報機関についてまとめたもの

記事を読む

小坪しんや:『行橋市議会議員 小坪しんや』

こんにちは、エンリケです。 SNSやブログ等のネットメディアをフル活用し、地方議員で ありな

記事を読む

no image

平和の地政学 ~アメリカ世界戦略の原点~

■地政学への反感 わが国には、地政学という名前に生理的に反感を持つ学者やエリートが多いよ うです。

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑