*

自衛隊の情報戦 塚本勝一

公開日: : 最終更新日:2014/06/08 おすすめの軍事本・書籍, インテリジェンス, 自衛隊情報

■本著は大きく分けて

1.創設以来の陸自情報の解説
2.塚本さんが韓国武官だったときに発生した「よど号事件」に関するはなし
3.金大中事件に関するはなし
4.国防政策、防衛省、陸自、情報への提言(なかでも宣伝・広報の重要性)

の4つの柱からなる本です。

題名とは少し印象が違い、2.3.に関する著述が大半を占めています。

とはいうものの、すべての要素は章を問わず有機的に記されています。

著者は、塚本勝一元陸将です。
陸士・陸大を卒業された帝国陸軍の将校で、終戦時の階級は少佐。
陸大恩賜の天保銭組です。
敗戦後陸自に入り、最終階級は陸将、最終補職は西方総監で制服を脱がれました。

塚本さんの体験に基く言葉・提言は読み応えがあります。
特に「南京事件」「従軍慰安婦」に関する言は、当時現地にいた人の言葉なので説
得力があります。

また、わが国防政策には、つねに積極と消極の両論があって、交互に変遷を重ねてき
たと塚本さんは指摘します。

塚本さんは<消極策をとったとき、国内は繁栄したものの、
国際情勢から取り残された。積極策をとったときは、実力を超える外交で挫折
することが多かった>としています。

また、よど号事件の描写の中で突然、乗客(?)だった「聖路加病院」の日野原氏の名前が
出てくるなど、エキサイティングな場面が結構あり、読んでいて楽しいです。笑

1.「よど号事件」「金大中事件」を情報の観点から総括し、
帝国陸軍、陸自情報に被せられたゆえなき汚名を晴らす実情報告。

2.情報戦、広報戦について、説得力あることばで読み手に知らしめる。

この2点にこの本の稀少価値があります。

もしあなたが、軍事インテリジェンスに関心をお持ちでしたら、読まない理由はないはずです。

より詳しいはなしはこちらで↓
http://okigunnji.com/tsukamoto/

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

【12月16日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「オスプレイで大騒ぎしている場合?中国の挑発とトランプ新政権の安全保障戦略は?」伊藤俊幸元呉地方総監・海将【チャンネルくらら】

記事を読む

no image

『ゼロ戦の秘密』

■第1章は、零戦の実戦記録です。 操縦士たちの「戦闘機乗り魂」が余すところなく表現されており、実に面

記事を読む

no image

Re:幕僚長から権限を奪う方向へ

私は各幕僚長の指揮権限をなくす方向で議論することが誤りだとは思ってお りません。 ご心配の点はごもっ

記事を読む

no image

『凛として愛』全編

youtubeで見つけた映画です。 タイトルは「凛として愛」といい、靖国神社の遊就館で上映されてい

記事を読む

no image

渡部昇一・田母神俊雄 『日本は「侵略国家」ではない!』

田母神さんの最新刊 『日本は「侵略国家」ではない!』 著者:渡部昇一・田母神俊雄 発行:海竜社 発

記事を読む

IT技術に無知な人でも理解できるサイバーセキュリティ入門書

IT技術の発展は、IT革命という形でビジネスや通信分野の驚異的な発展を もたらしたとともに

記事を読む

no image

わが国に必要な陸海空軍力

独立国家に軍事力は必要不可欠です。 「戦後日本」という国家(?)に必要な軍事力について各自衛隊が考え

記事を読む

感動の日本史 (日本が好きになる!)  服部剛 致知出版社

こんにちは。エンリケです。 教師歴28年、中学生たちが感動する道徳授業を 行って

記事を読む

no image

平和はまだ達成されていない ナウマン大将回顧録

本著は、わが国では余り知られることのなかったNATO、欧州の軍事そして 戦後ドイツの軍事について、ド

記事を読む

【1月6日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「まもなく誕生トランプ新大統領!アメリカは引きこもるのか?米国政治とマハンの海上戦略」福山隆元陸将・倉山満【チャンネルくらら】

 

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑