メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

自衛隊の情報戦 塚本勝一

■本著は大きく分けて

1.創設以来の陸自情報の解説
2.塚本さんが韓国武官だったときに発生した「よど号事件」に関するはなし
3.金大中事件に関するはなし
4.国防政策、防衛省、陸自、情報への提言(なかでも宣伝・広報の重要性)

の4つの柱からなる本です。

題名とは少し印象が違い、2.3.に関する著述が大半を占めています。

とはいうものの、すべての要素は章を問わず有機的に記されています。

著者は、塚本勝一元陸将です。
陸士・陸大を卒業された帝国陸軍の将校で、終戦時の階級は少佐。
陸大恩賜の天保銭組です。
敗戦後陸自に入り、最終階級は陸将、最終補職は西方総監で制服を脱がれました。

塚本さんの体験に基く言葉・提言は読み応えがあります。
特に「南京事件」「従軍慰安婦」に関する言は、当時現地にいた人の言葉なので説
得力があります。

また、わが国防政策には、つねに積極と消極の両論があって、交互に変遷を重ねてき
たと塚本さんは指摘します。

塚本さんは<消極策をとったとき、国内は繁栄したものの、
国際情勢から取り残された。積極策をとったときは、実力を超える外交で挫折
することが多かった>としています。

また、よど号事件の描写の中で突然、乗客(?)だった「聖路加病院」の日野原氏の名前が
出てくるなど、エキサイティングな場面が結構あり、読んでいて楽しいです。笑

1.「よど号事件」「金大中事件」を情報の観点から総括し、
帝国陸軍、陸自情報に被せられたゆえなき汚名を晴らす実情報告。

2.情報戦、広報戦について、説得力あることばで読み手に知らしめる。

この2点にこの本の稀少価値があります。

もしあなたが、軍事インテリジェンスに関心をお持ちでしたら、読まない理由はないはずです。

より詳しいはなしはこちらで↓
http://okigunnji.com/tsukamoto/



【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


その他

英霊来世

メルマガ購読・解除
 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・