*

田母神俊雄 『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』

公開日: : 最終更新日:2014/06/06 おすすめの軍事本・書籍 , ,

————————————-
■「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」
立ち上げシンポジウム開催!
ネットワークの代表・仲村覚さんは、沖縄出身初の少年工科学校入
学者のおひとりです(S57)。わが陸自の航空科で任務につきH3に
除隊。現在は企業を経営されています。
・沖縄出身者が、改憲を呼びかけています
・沖縄出身者が、祖国日本の国防改革を呼びかけています
・沖縄出身者が、沖縄の危機的状況を伝えています
本土の有志は、いまやこの声に応える秋ではないでしょうか。
開催日:3/28(土)
時間:1300~(シンポジウム)、1600~(懇親会)
場所:日本青年館ホテル 中ホール(地下)
シンポジウムの詳細・参加受付はこちらで
 ⇒ http://jiritsukokka.com/cat4/
主催:「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」
http://jiritsukokka.com/
共催:理想国家日本を実現する東京大学OBの会
活動趣旨を紹介した動画:
『あえて沖縄から目指す「自立国家日本」の再建-仲村覚氏に聞く』
平成21年2月12日放映 チャンネル桜「防人の道 今日の自衛隊」 より
http://zoome.jp/atatata/diary/1372
※5分40秒から主催者・仲村覚さんが出演しています。
シンポジウムの詳細・参加受付はこちらで
 ⇒ http://jiritsukokka.com/cat4/
——————————————
配信解除はこちらからお願い致します。
http://www.mag2.com/m/0000049253.html
━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報 (本の紹介)              11,366部
平成21年(2009年)3月21日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃☆【本の紹介】 品切れ続出という話ですが・・・
┃☆ 軍事図書情報の環境を変えよう
┃☆ メルマガ紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
配信解除はこちらからお願い致します。
http://www.mag2.com/m/0000049253.html


――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。 ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
⇒平藤さんは、「ひら☆やん」さま名での投稿で当メルマガでもおなじみ。
十六年の経験を有するプロのライターです。ライブドアPJとしてもご活躍中です。
わが陸自の即応予備自衛官でもあられ、年間三十日の訓練に参加されてい
ます。予備自本の決定版「予備自衛官になる本」の著者としても高名です。
(エンリケ)
【おしらせ】
平藤さんが執筆に参加した新刊が出ました、(第1章を担当されたそうです)
『ゼロ戦の秘密』 PHP文庫 2009/3発行
受付はこちらでどうぞ⇒ http://okigunnji.com/s/zero/
こんにちは!
おき軍事のエンリケです。
本の紹介をお届けします。
————————————————————-
■~自らの身は顧みず~ 前空幕長 田母神俊雄退役空将 講演会情報
●【予約要】群馬県伊勢崎市での大講演会
開催日:6月7日(日) 1800(開場)~2100(閉会)
場所:伊勢崎市文化会館大ホール
入場料:1000円
主催 国益を考える講演会 群馬事務局
http://junks1.iza.ne.jp/blog/
参加申込・問合わせはメール・もしくはFAXでどうぞ。
Mail: junks.deltoro@nifty.com
FAX: 0270-22-4005
●2009年3月1~5日渡米
 米国カリフォルニア州の日本人(有志)が講演会開催を実現しました。
●「拉致問題と国防」講演会、無事終了
2月28日(土)に名古屋市公会堂(4階ホール) で行なわれた
「拉致問題と国防」講演会が無事に終了しました。
http://congresswakamiya.web.fc2.com/index2.html
当日の模様は、後日動画でも公開されるようです。
これからも田母神閣下の講演会情報が入ります。
入り次第迅速にお知らせします。どうぞお楽しみに!
(おき軍事)
————————————————————-
■講演会にいけなかった人も、これさえあれば安心!
田母神さんが退役後、一般向けに初めて行なった大規模講演の記録です。
「自らの身は顧みず ~日本は、本当に侵略国家だったのか!~
  前航空幕僚長 田母神俊雄講演録」
  WAC株式会社 収録時間:87分
 ⇒ http://tinyurl.com/dka4q3
————————————————————-
■「田母神塾」5月開講
心ある衛星放送局として高名な「チャンネル桜」で、
この5月から田母神閣下の「田母神塾」が開講されます。
http://zoome.jp/atatata/diary/1491/
チャンネル桜「2000人委員会」の枠も、残り少なくなってきました。
http://www.ch-sakura.jp/579.html
————————-
■兵頭二十八講演会大盛況のうちに終了
3月7日(土)に横浜で行なわれた兵頭二十八さんの講演会ですが、
会場は200名を超える超満員の聴衆で埋めつくされ、大盛況のうちに
終了しました。
——————————————
■田母神事務所情報
田母神さん講演会の問い合わせ及び申込等は田母神事務所
へどうぞ。FAX又はメールにて受け付けています。
(5月は結構入ってますので、比較的6月~がおすすめです。)
田母神さんの公式サイトもアップされています。
コンテンツは、段階的に制作中です。
株式会社田母神事務所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-3 AIGビルB1
tel 03-5288-5895 fax 03-5288-5896 
e-mail: totamogami@hottdesk.jp
—————————————
■国益を考える講演会登壇者の「著者サイン本プレゼント」
参加受付締め切りは今月末。参加方法は、各ページでご確認ください。
●菅沼光弘さん(元公安調査庁・調査第2部長)
対象の本:『菅沼レポート』(青志社) 当選者数:5名
このプレゼントに参加する⇒ http://kokueki.cool-biz.net/message1.html
●志方俊之退役陸将(元北方総監)
対象の本:『日本はこのままでは生き残れない あまりに脆弱な国防の実態』
(PHP研究所) 当選者数:5名
このプレゼントに参加する⇒ http://kokueki.cool-biz.net/message2.html
●青山繁春さん(株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員)
対象書籍: 『日中の興亡』(PHP研究所) 当選者数:5名
このプレゼントに参加する⇒ http://kokueki.cool-biz.net/message3.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ 本の紹介 ◎◎◎
———————————————————————-☆
今回はぐだぐだ申しません。
あなたも、この教科書にご参加ください。
品切れの際は注文して入手してください。
私が思うに本著は
「祖国を守るための国民用ワクチン兼ねる解毒剤」です。
(エンリケ航海王子)
今回ご紹介した本は
『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』
著:田母神俊雄
発行元:双葉社
発行:2009/3
http://okigunnji.com/s/tamogamijukuamazon/
でした。
■読者の声
1.「教育の内容低下が今の日本の質実の貧困を招いた。
建て直しには基本に立ち戻り、教育の立て直しを!」
と常日頃思っている私としては、本当に「我が意を得たり」の思いです。
(Y)
2.早速、通退勤の電車の中で拝読しております。
今更ながらに「村山談話」を無効にしなければならないと実感しました。
先日の産経新聞に、防衛省の関連団体が田母神氏の講演会を行おうとしたところ、
上からの圧力で取りやめになったという記事が載っていました。
即座に防衛省に抗議メールをいたしました。
問題は終わってはいませんね。まだまだ様々な形で続くように思います。
これからも、田母神氏を応援したいと思います。
(N)
3.本著を通じ、自分の中に最後まで残っていた違和感がなくなりました。
信じてきたことは間違っていなかった。
そう確信させてくれる内容です。
<「歴史学」と「歴史」は似て非なるもの>とのことばを通じ、
新たな力が湧いてきます。
あわせて、「情報戦」への気構え、知的武装を深いレベルでいただけた
気がします。
なお、いわゆる「田母神問題」がおきたとき、ある読者の方からもご指摘
いただいた「ヴェノナファイル」について記された項は、きわめて重要と
思われます。脊髄に染みとおるまで読みぬいていただきたいです。
英語ができる方は、以下URLにある原文にも当たる必要があると考えます。
http://www.nsa.gov/applications/search/index.cfm?q=venona
(エンリケ航海王子)
■目次
真・日本国憲法第9条
田母神談話
塾長薫陶
1時間目 歴史の講座
 世界は腹黒い!「歴史学」と「歴史」は似て非なるものと知れ
 かくして日本は骨抜きにされたーGHQによる日本洗脳化計画
 左翼は戦略的に日本の教育機関に送り込まれた
 人種差別先進国アメリカの暴虐
 日本軍の中国駐留は侵略にあらず!
 中国の国父・孫文を育てた日本人
 「対華21か条の要求」では当たり前の主張しかしていない
 日韓併合で朝鮮が受けた恩恵
 創氏改名は日本の強制ではなかった
 欧米列強の搾取型ではなかった日本の植民地政策
 大東亜戦争の真実(1) 張作霖爆殺事件と盧溝橋事件はコミンテルンの
 自作自演
 大東亜戦争の真実(2) 「南京大虐殺」はデッチ上げである
 大東亜戦争の真実(3) アメリカ国家安全保障局が公開した「ヴェノナ
 ファイル」の衝撃
 大東亜戦争の真実(4) イチャモン同様のハル・ノートはコミンテルン
 のスパイが起草した
 大東亜戦争の真実(5) 日米を回線へと挑発していたルーズベルト大統領
 東京裁判の真実(1) 東京裁判でアメリカの戦争責任を説いた米軍人
 東京裁判の真実(2) 天皇や皇太子の誕生日も自虐史観を植えつけに利用
 憲法改正や教育勅語、国家神道廃止はすべて国際法違反
 世界人権宣言の精神を体現していた戦前の日本
 
2時限目 政治の講座
 村山富市の大罪
 福田赳夫の大罪
 中曽根康弘の大罪
 宮澤喜一の大罪
 小泉純一郎の大罪
 小渕恵三と福田康夫の大罪
 麻生太郎の大罪
 自民党はもはや保守政党とは言えない
 なぜ総理大臣が靖国神社に参拝してはいけないのか
 河野洋平の”二大業績”ー「河野談話」と「遺棄化学兵器撤廃」
 石破茂・元防衛大臣の卑怯な態度
 防衛省・守屋武昌事務次官との熾烈なバトル
 鳩山由紀夫は卑怯者の”無自覚な左翼”
 小沢一郎に日本の総理大臣は務まらない
 官邸と外務省は今こそ本気で情報戦に打って出るべし
 出でよ、タフ・ネゴシエーター
 「専守防衛」では外交交渉にならない
 日教組の左傾化教育が日本の伝統を破壊している
 沖縄反戦地主たちのバカげた嫌がらせ
 教育勅語と修身を現代に復活するべし
 日本で進む「文化大革命」ー”一億総左翼化”と”森永卓郎現象”
 上司は部下に仕事を任せよー田母神流リーダー論
3時限目 国防の講座
 愛国心なくして自衛隊は成り立たない
 「そんなの関係ねぇ」発言の真意とは・・
 領空侵犯機は撃墜し、不審船は粉にして海に沈めるべし
 竹島・尖閣諸島が日本の領土ではなくなる日
 徴兵制よりも愛国心の醸成こそ国防の要
 自衛隊は栄光ある日本軍の末裔である
 自衛隊は不祥事がほとんどない稀有な組織である
 日本のエリートは軍事学を一般教養として学べ
 歪んだ日米同盟ー米軍を守れない自衛隊
 自衛隊をがんじがらめに縛り付けている政府
 石破茂・元防衛大臣が発表した噴飯モノの論文
 「防衛出動=自衛隊の武力行使」が発令されるまで
 専守防衛には「敵地先制攻撃」を含むべきである
 「武器輸出三原則」は国益を毀損している
 究極の抑止力・核兵器で国防と外交を強化せよ
付録 資料集
参考文献及び参考資料
本日ご紹介したのは、
『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』
著:田母神俊雄
発行元:双葉社
発行:2009/3
http://okigunnji.com/s/zero/
でした。
売り切れの場合は、お近くの書店で発注ください。
次回もお楽しみに
————————————————————-
■組織論への新たなアプローチ
『空軍創設と組織のイノベーション–旧軍ではなぜ独立できなかったのか–』
著者:高橋秀幸
編集:戦略研究学会
監修:川村康之
発行:芙蓉書房出版
発行日:2008/12/25
現在好評受付中です。
http://tinyurl.com/b7tn68
————————————————————–
■著者は、≪いま、もっとも危険なふたり≫
処女作がご自身の真情を顕した書であったとしたら本著は、いわゆる「田母
神問題」をめぐる論点を整理し、問題についてきちんと理解把握対処できるよ
うつくられた良質の「虎の巻」といえましょう。
パートナーやご家族みなさんで一緒に読んでほしい
「中東ぶらぶら回想記」のアリーマさんも大絶賛の一書です!
『日本は「侵略国家」ではない!』
著者:渡部昇一・田母神俊雄
発行:海竜社
発行日:2008/12/29
現在好評受付中です。
http://tinyurl.com/76ac7m
————————————————————–
■タモさんこと田母神退役空将の処女作
『自らの身は顧みず』はすでに7刷となりました。
大切なあの方へのギフトにどうぞ。
『自らの身は顧みず』
著 田母神俊雄
出版社 ワック株式会社
発行日 2008年12月16日
現在好評受付中です。
http://tinyurl.com/5q3oto
————————————————————-
■軍事図書情報の環境を変えよう
<わが国の軍事図書情報の総合環境を、すこしでも改善するために、
広く皆様のお知恵をあつめたいものと念じております。>
(兵頭二十八さん)
⇒あなたのお知恵を、ぜひお貸しください。(エンリケ)
————————————————————-
■メルマガ紹介
———————————————————————–
これまで一貫して自衛隊を「人」の側面から見つめ、文筆活動を行なって
こられた教育家・荒木肇さんのメルマガです。御著書「指揮官は語る」は
エンリケの座右の書です。
http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
今年も大ブレイク予定♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
最新刊『隷属国家日本の岐路』 メチャメチャ売れてます
⇒ http://tinyurl.com/6ccy4r
———————————————————————–
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。わが国民にとって今一番必要なものを惜しみなく提供くださって
います。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
初の著書で最新刊『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか –宮中祭祀の危機–』
女性の注目度が高い本です ⇒ http://tinyurl.com/c6qpjc
———————————————————————–
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
☆ 公式メインサイト:< http://okigunnji.com/ >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■配信解除は以下から可能です。お役にたてれば幸いです
 → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(隔週木)、別冊「スペイン・ラテンアメリカ講
座」(隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)の定番マガジンと、その他随時に記
事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2009 GUNJIJOHO All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

情報活動のテキスト秀作3冊

 震災での自衛隊の活躍によって、国民の軍隊忌避の空気はだいぶ変わってきている様だ。 一方、

記事を読む

人はなぜ平和を祈りながら戦うのか? (私たちの戦争と宗教) 星川啓慈 石川明人 

「どうして戦争はなくならないの?」 と聞かれたら、どう答えますか? そんな時この本が

記事を読む

no image

あなたの対シナIQを、周りの人より圧倒的に高くする方法

こんにちは。エンリケです。 シナの脅威とはいったい何か?米とシナの戦争シミュレーション

記事を読む

no image

『坂井三郎の零戦操縦(増補版)~真剣勝負に待ったなし~』 世良光弘

この本で一番目を引くのは、表紙と裏表紙にある人物写真です。 表紙には、帝国海軍の高高度飛行用電熱服を

記事を読む

みぞろぎ梨穂(著)『約束の大地-想いも言葉も持っている―』

芸術は魂の叫び、という言葉をよく耳にしますが、「名実ともに確 かにそうだなあ」と感じたのは、岡本太

記事を読む

谷光太郎:「米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー]

こんにちは。エンリケです。 国家が総力を挙げて取り組むのが戦争で、 そのとき情報はすべてをつ

記事を読む

小名木善行:「ねずさんと語る古事記・弐 ~天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神~」

「古事記を大人の読み方で読む」 わかりますか? もし、古事記を「おとぎ話」という「子供の

記事を読む

オススメ本:『「日露陸戦国際法論」を読み解く ─武力紛争法の研究─』 佐藤庫八

こんにちは、エンリケです。 大東亜戦争が終わったのは昭和20年9月2日ですが、 戦後日本国内

記事を読む

村西とおる :『村西とおるがお答えします! ワガママな中国人とのナイスなお付き合い』

村西さんというと、月刊「Hanada」の花田さんが、 「この人の人生相談は、いま一番面白いよみもの

記事を読む

別宮暖朗『第一次大戦陸戦史』を推薦する。(長南政義)

さて、もう一回初めから読もう。 これが、別宮暖朗『第一次大戦陸戦史』読了後の感想でした。 本

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑