メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

軍事情報 (田母神氏論文処分に対する意見)

time 2008/11/09

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報 (田母神氏論文処分に対する意見)        11,762部
                     平成20年(2008年)11月8日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆ 田母神氏論文処分に対する意見 (一国民)
┃  ☆ 発行 おきらく軍事研究会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。     ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
平藤さんは、私エンリケがもっとも信頼するプロのライターです。
年間三十日の訓練に出頭する、即応予備自衛官でもいらっしゃいます。
ライター経験はすでに十六年を超え、雑誌「サピオ」への寄稿やご著作
『予備自衛官になる本』、弊メルマガ連載『ひらやんのブツクサ独り言』
など、さまざまな媒体での実績をお持ちです。(エンリケ)
こんにちは! エンリケ航海王子です。
一国民さんから、
「今回の「田母神氏の論文に対する処分」について、
意見を「自民党本部」「民主党本部」に送信して参りました」
とのメールを頂きましたのでご紹介します。
それにしても思いますが、
ネットを徘徊すればわかるとおり、ひとつの話題に対しこれほど多種多様な言
論を誰もが出せる我が国は、本当に自由で素晴らしい国ですね。
この国に生まれて幸せだなあ、とあらためて感じています。
(エンリケ航海王子)
前空幕長・田母神さんの論文「日本は侵略国家であったのか」
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ 田母神氏論文処分に対する意見 (一国民) ◎◎◎
———————————————————————-☆
田母神氏の論文に関した政府側の処分につきまして一言申し上げます。
結論から申し上げますと、応募論文を理由に更迭するのは過剰反応です。
さらに、退職金自主返納を迫るのは法律違反となります。
1 更迭が過剰反応とする理由
自衛官は、航空幕僚長と謂えども「政治的決定」に関わることができません。
従って、今回の論文は、明らかに権限のない事項に対する私的意見でしかあり
ません。
閣僚が同様の発言をした場合とは、全く意味が異なっております。
逆に、自衛官にここまで責任を追及するなら、それに見合った権限、
つまり「政治的決定への参画」を認めなければならないことになりますが、如
何でしょうか。
現職自衛官が、外部に意見を述べる時は、上司の承認が必要とされていますが、
これは、情報漏えいを防止するための処置で、思想信条を検閲するものではあ
りません。
思想信条について拘束される規範はありません。そして、これが自衛官を規制
している「政治的行為」に当たるかの議論も検討違いと思われます。何故なら
論文を広く一般に頒布するわけでなく、単に懸賞論文に応募しただけです。
とても「政治的行為」とは言えないでしょう。また、「自衛官にふさわしくな
い行為」と言えるでしょうか。一般の懸賞論文に応募すること、及びその内容
が「村山談話」と違っていることが「自衛官にふさわしくない行為」と証明で
きるでしょうか。
再度申し上げます。政治的決定権を持たない者が、個人的な思想信条を懸賞論文
に応募したことがどうして「シビリアンコントロール」に反するのでしょうか。
実際に行動を起こしているのではなく、権限のない事項について意見を述べたこと
が、シビリアンコントロール違反となるのでしょうか。
これらのことから、今回の処分は、明らかに過剰反応といえます。
2 退職金自主返納の強要は法律違反
さらに、退職金の自主返納まで強要されていますが、この法的根拠は何なので
しょうか。
更迭人事は、政治による人事権の範囲というならば何とか理屈も立つでしょう
が、退職金の返納というのは、個人に対する経済的制裁、懲罰であり、法的根拠
なしに出来るものではありません。これを強要するならば、当然司法の判断を
仰ぐことになると考えられます。
政府としては、政権の現状が厳しく、野党との合意を得たい法案が多々あるこ
とは理解できます。
しかし、それが原因で法制度を超えてまで処分するのは過剰反応と言うべきで
しょう。
ヒステリックな処分と言わざるを得ません。防衛大臣は新人で、こうした処分で
自らの権威を表現したいお気持ちは理解できなくもありませんが、それとこれと
は別です。
大臣の権威は、今後の執務のなかで、徐々にその御威光をお示しになればよろ
しいかと存じます。
このことで、自衛官とその家族の票は、自民党から離反する可能性が高いこと
も申し添えます。
また、このことで防衛省改革を阻止しようとする官僚達の思う壺にはまること
を懸念しております。
以上、一国民としての意見を申し上げ、今回の処分の再検討をお願いする次第で
す。
(一国民)
前空幕長・田母神さんの論文「日本は侵略国家であったのか」
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
———————————————————————–
今年も大ブレイクしましたよ♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
最新刊『隷属国家日本の岐路』 今メチャメチャ売れてます
⇒ http://tinyurl.com/6ccy4r
———————————————————————–
これまで一貫して自衛隊を「人」の側面から見つめ、文筆活動を行なって
こられた教育家・荒木肇さんのメルマガです。御著書「指揮官は語る」は
エンリケの座右の書です。
http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
———————————————————————–
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(隔週木)、別冊「スペイン・ラテンアメリカ講
座」(隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)の定番マガジンと、その他随時に記
事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.



【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世




 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

メルマガ登録

作戦司令部の意思決定ー米軍「統合ドクトリン」で勝利するー

日米中激突! 南沙戦争

情報戦と女性スパイーインテリジェンス秘史ー

猫でもわかる防衛論

脚気と軍隊ー陸海軍医団の対立ー

検証 危機の25年ー日本の安全保障を真剣に考えるー

ガントリビア99―知られざる銃器と弾薬の秘密―

図解 孫子兵法ー完勝の原理・原則ー

中国戦略”悪”の教科書ー「兵法三十六計」で読み解く対日工作ー

オリンピックと自衛隊 1964-2020

中国が仕掛けるインテリジェンス戦争ー国家戦略に基づく分析ー

「地政学」は殺傷力のある武器である

戦略的インテリジェンス入門ー分析手法の手引きー

新史料による日露戦争陸戦史ー覆される通説ー

大東亜戦争と本土決戦の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのかー

誰も語らなかった防衛産業

日本人はどのようにして軍隊を作ったのかー安全保障と技術の近代史ー

あなたの習った日本史はもう古い!ー昭和と平成の教科書読み比べー

兵法の天才 楠木正成を読むー河陽兵庫之記 現代語訳ー

インテリジェンス

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

カテゴリー

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon