メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

軍事情報 (空幕長・田母神空将クビに関連する投稿)

time 2008/11/01

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報  (空幕長・田母神空将クビに関連する投稿)   11,751部
                               平成20年(2008年)11月1日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆ 空幕長・田母神空将クビに関連する投稿(三件)
┃  ☆ 発行 おきらく軍事研究会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。     ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
平藤さんは、私エンリケがもっとも信頼するプロのライターです。
年間三十日の訓練に出頭する、即応予備自衛官でもいらっしゃいます。
ライター経験はすでに十六年を超え、雑誌「サピオ」への寄稿やご著作
『予備自衛官になる本』、弊メルマガ連載『ひらやんのブツクサ独り言』
など、さまざまな媒体での実績をお持ちです。(エンリケ)
こんにちは! エンリケ航海王子です。
読者の方からのご投稿を紹介します。
わが空幕長・田母神空将の論文
「日本は侵略国家であったのか」
は以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
(エンリケ航海王子)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)◎◎◎
———————————————————————-☆
■いつも有益な情報をありがとうございます。
事前に「軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)」を配信
いただいていてよかったです。
うちは朝日新聞を購読しているのですが、一面TOPと漫画面に記事
が載っていました。
案の定というか、朝日新聞と意見を同一にする秦●彦に「事実誤
認だらけ」と非難させています。
試しに「秦●彦」で検索してみました。出るわ出るわ(笑)。
今度は「●石隆」。
この方「インドネシア政治」の専門家じゃないですか。今回の件で、
有用な意見を発言できる人材とはとても思えません。
一番問題だと思ったのは、肝心の田母神空将の論文に一切リンクあ
るいは引用していない点です。これで読者にどう客観的な判断を
下せと・・・。「民は由らしむべし知らしむべからず」ですかね?(笑)
私は一番肝心な視点が抜けているように思えます。
自衛隊=日本軍は、戦後専守防衛のための戦力となりました。
しかし、兵は兵です。
万一他国からの侵略を受けた場合、銃弾の前に立ちふさがるのは
彼ら自衛隊員の皆さんです。
「死守せよ」の命令が出れば、全滅を厭わず踏みとどまらねば
なりません。
「市民を守れ」と言われれば、必死の防衛戦を張ることでしょう。
守ってもらうことだけは当たり前と考え、彼らに犠牲が出る事には
目をつぶります。
お金を出しただけじゃ世界の受けが悪いと妄想し、ロクな武器も
持たせず紛争地帯に出動させます。
田母神空将は、そんな現場の隊員達の長です。
しかるべく敬意を払うのに何の躊躇がいるのでしょう。
あまりの腹立たしさに感想をお送りしてしまいました。
(N)
■田母神空将の論文を受信しました。
貴重な情報をありがとうございます。


現役のわが国の軍人にして将官級に、この様な勇気のある方がおら
れたことを知り、
英霊より憂国の情を継承する私には涙なしでは読めませんでした。
小林よしのりや我々の様な無位無官の者が書いたものではない、
現役の日本の将官がこれを書いたということが実に感に耐えません。
この火を消してはなりません。
超タカ派のハマコウの息子である浜田防衛大臣と強気の麻生首相にして、
こういう不甲斐無い処置を取らざるを得ないということに忸怩たる
思いがします。
植民地総督府である自民党(日米既得利権の構造癒着機構)である
ことをここに証左として物語っています。
麻生氏や浜田氏には日本人としての魂はあると思います。
しかし想像を絶する中米双方から凄まじい圧力がかかっているのでしょう。
(在米読者)
■毎度「日本の国益」を考えたメール配信、誠にありがとうございます。
相変わらずマレーシアで8年以上駐在しており、日本からのTVは
NHKの「WORLD PREMIUM」のみで、「幕僚長が不適切な論文でクビ」
だけの報道。
ご配信頂いた幕僚長の論文を読ませて頂いて、幕僚長の鋭いご指摘に
賛同致しました。 論文賞金の¥300万以上に、¥3億くらいの価値は
十分あります。 ウェブで見た産経新聞は幕僚長の論文の要旨が記載されて
いましたが、個々のポイントに関しての産経新聞としてのコメントはなし。
本当にがっかりです。
浜田は朝日(チョウニチ新聞)にならって、チナや朝鮮人に、卑屈な態度を
鮮明に示した訳で、小生には『国賊=売国奴』に他なりません。
1995年の『村山談話』が紙面に載っていましたが、当時の社会党の
村山にはうらみつらみが一杯です。 小生は神戸で阪神大震災に遭遇し
自宅は全壊し両親共々被災所生活を余儀なくされていましたが、当時の
村山は全ての対応が後手後手で、皆が全く失望していました、 それが
今の社民党の凋落の原因です。
とにかく幕僚長が自民党から国会議員になって、国賊共を退治して
頂ける様、切に希望する次第です。
(酩酊オヤジ (別に酩酊していませんが)  マレーシアより)
【参考】
1.081101 0813配信 「軍事情報(Re:空幕長・田母神空将が論文でクビ)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ Re:軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)◎◎◎
———————————————————————-☆
●浜田大臣の管理能力の底の浅さが見えてしまいましたね。つくづく、浅はかなこ
とをしてしまったなと思えてなりませんが、これ以上防衛大臣を信頼できないと
思う隊員が急増することだけは間違いないでしょう。この方の父上なら、きっとそ
のようなことはしなかったのではないかとも思います。浜田大臣には、遅きに失し
たとは言え、せめて今後は自分が汚れ役になってでも、自分の部下を守り抜くとい
うことの尊さを覚えて頂ければと思います。(勿論、その部下が防衛省、さらに
は国家のために真剣に働いていることが前提ですが・・・)
田母神空幕長の更迭は防衛省・航空自衛隊にとって大きな損失ですが、ひょっ
とすると我が国にとっては大きな利益になるかも知れません。それは、この田母
神空幕長が防衛省外で活躍される契機になるかもしれないからです。仮に国会
議員になれば、それこそ浜田大臣の父上のような存在になると思えます。そう言
う意味でも、(少なくとも現状では)情けない防衛大臣のもとを一刻も早く離れ(依
願退職して)、防衛省の外で御活躍されることを祈念致します。
更迭を決定してしまった今、浜田大臣が行うべきことは、田母神空幕長の今後の
行き先について最大限に配慮することしかありません。田母神空幕長は、麻生総
理と考え方や行動形態が共通している部分も多いので、総理に働きかけるのも一
案かも知れません。いずれにしろ、浜田大臣が最後まで管理者としての責任を果
たすことを訴えさせて頂きます。
●なお、報道によると「防衛省は内規で、隊員が職務に関する意見をメディアなど
で発表する際、文書で上司に届けることを求めている。空幕長の場合、官房長
に連絡する必要があった。・・・・・正式な文書による連絡は不要と考え、背広組
への連絡は口頭で済ませただけだったという。」ということですが、(1)そもそも、
なぜ空幕長が格下の官房長にこのような届け出を行う必要があるのでしょうか?
(2)内規の考え方に基づき、口頭では連絡したようですが、どこの社会でも組織
の最上級者レベルになると、煩雑な手続きについては、常識の範囲内で緩和さ
れてるというのが社会通念ではないでしょうか?
要は、この程度の内規違反で航空自衛隊の最上級者を更迭するなどと言うのは
あまりにも馬鹿らしくて、田母神空幕長も「そんなの関係ねえ」と言いたいところで
でしょう。
(一読者)
2.081101 0018配信 「軍事情報(空幕長・田母神空将が論文でクビ)」
わが空幕長・田母神空将の論文
「日本は侵略国家であったのか」
が話題です。
以下でDLできます。
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
これは、全国にホテルを展開する「アパグループ」(東京都港区)が、
第1回「真の近現代史観」懸賞論文として募集したもので、空将の論文が最優秀賞
をGETしました。
11月5日発売の自社発行の雑誌にも掲載され、英訳も含めた論文集も出版予定です。
内容は、まともな歴史認識と武人としての常識を述べておられるに過ぎません。
問題は戦後日本のタブーを要路にある方が現職の立場で指摘したことにあったようですね。
これが問題となり、浜田防衛相は昨夜、空幕長のクビを決めました。
これはまずいですよね。
過剰な自主規制こそが、戦後日本の対外行動を蝕んできた害毒なのですから。
空将の行動は、12月で活動終了する予定の空自イラク派遣部隊撤収とも関連が
あると思います。
種々のうわさや流言蜚語に惑わされることのないよう、
http://www.apa.co.jp/book_report/images/2008jyusyou_saiyuusyu.pdf
で空将のご高見をすべてご覧になった上で、ご自身の見解をお持ちになって
ください。
ちなみに、大臣の「言論統制」に怒った方からメールを頂いています。
<本日アパホテルグループの懸賞論文で田母神航空幕僚長が受賞したことを受けて
浜田靖一防衛大臣は幕僚長の更迭を発表した。 航空幕僚長の人となりはわかりませ
んが、この言論統制は許しがたいと感じています。 明日防衛省前にて抗議活動
を行う所存です。>
(おき軍事)
———————————————————————–
今年も大ブレイクしましたよ♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
最新刊『隷属国家日本の岐路』 今メチャメチャ売れてます
⇒ http://tinyurl.com/6ccy4r
———————————————————————–
これまで一貫して自衛隊を「人」の側面から見つめ、文筆活動を行なって
こられた教育家・荒木肇さんのメルマガです。御著書「指揮官は語る」は
エンリケの座右の書です。
http://www.melma.com/backnumber_174026/
———————————————————————–
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
———————————————————————–
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
———————————————————————–
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(隔週木)、別冊「スペイン・ラテンアメリカ講
座」(隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)の定番マガジンと、その他随時に記
事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.
【PR】ハーマンミラー アーロンチェアーの通販
http://ttpacino.blog39.fc2.com/blog-entry-329.html

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・