*

”Chicken(チキン:弱虫の男)を日本からなくす” と立ち上がった男がいる

こんにちは。エンリケです。

入隊したときは、本当に弱々しい新兵たち。

そんな彼らを、歴戦の勇者に育ててきた経験を持つ男。

その男が、

”Chicken(チキン:弱虫の男)を日本からなくす”

ため、立ち上がりました!

以下、彼からのメッセージをお読み下さい。

(エンリケ)

はじめまして、
Kenneth Daniels と申します。

最近、日本では

「草食系男子」

というカテゴリの男性が増えたと聞いています(笑)。

私は、長年、住んでいる日本を、沖縄を心から愛しています。

その恩返しとして、「草食系男子」を減らすことに協力したいのです。

「でも、俺みたいなひ弱な人間は強くなるなんて無理・・・」

という声が聞こえてきそうですが心配はいりません。

私は、長い間、ひ弱な新兵を逞しい青年に変えてきました。

考えてみてください。

理屈ではなく、私は、彼らを強くしないと駄目なのです。

それこそが、私の「仕事」です。

「兵士を短期間で猛者に鍛え上げる」プロが私です。

彼らの生命を守るのは、「強さ」しかないのです。

命をかけて戦う兵士を育てるというのは、大変な責任のある仕事です。

それと比べれば、

現在の日本で生きていくための「強さ」を日本の方達に教えるのは、

簡単なことです。

現代の平和な日本では「戦場」の過酷な環境で要求されるような強さは不要ですから。

 ⇒ http://tinyurl.com/22vxffp

私は、米軍の精鋭に「イスラエル式COMBAT FIGHTING」という接近戦の格闘術を教えています。

この素晴らしい護身術の秘密をつつみ隠さず公開します。

私は30年以上にわたり、

武道、格闘技の研究と活動を行ってまいりました。

最初は、沖縄に米軍の一員として駐留したときに、

沖縄空手を学びました(現在9段)

そして、イスラエルの接近戦の格闘術「COMBAT FIGHTING」の

上級インストラクターです。

そうです。

私は、入隊したときは、本当に弱々しい新兵たちを。

歴戦の勇者に育ててきた経験を持つ男です。

http://tinyurl.com/22vxffp

最初、空手を学んでいた私が、COMBAT FIGHTINGを学び始めた理由は。

COMBAT FIGHTINGが

「人間本来の本能的な動き」

をリスペクトしているという単純な理由です。

他の武道、格闘技は本能的な動きとは違う動きを要求します。

故にマスターには何年もかかるのです。

COMBAT FIGHTINGは、イスラエルで生まれた格闘術です。

ユダヤ人を迫害する世界と戦い、

イスラエルを守るために実戦の中で開発された

実利に徹した護身術です。

「今一番完成された格闘技」

という評判が広まり、

世界中の軍隊、警察、政府関係で採用されるようになりました。

一般の格闘技と異なり、

ルール無しの完全ストリートファイトスタイルを前提にしています。

また、COMBAT FIGHTINGは

人間本来の本能をリスペクトしているので最短時間で学べます。

誤解を恐れずに言います。

「COMBAT FIGHTING」には、殺人用の技術も存在します。

しかし、民間の方には教えません。

不要だからです。

また、このDVDでお教えするのは「護身」のための技術を中心にしています。

「不良高校生、ヤンキー、ギャングスター(やくざ)から身を守る」

という目的だけなら、DVDで教える基礎的な技術で充分です。

COMBAT FIGHTINGは、

人間の本能的な動作と反射動作を基礎にしているので、

驚くほど早く身につきやすく、

そしていざというときに実践しやすいものです。

あなたは、

リラックスして、

この科学的なCOMBAT FIGHTINGを学んでください。

COMBAT FIGHTINGを採用している軍隊、警察、特殊部隊は非常に多いです。

ざっと上げても・・・⇒ http://tinyurl.com/22vxffp

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

【人数限定】田母神閣下サイン会 at新宿

田母神閣下の新刊『自衛隊風雲録』は、 心をなんとなくざわざわさせる 煽動的なタイトルに似合わぬ、 こ

記事を読む

【7月15日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国が狙う尖閣諸島を自衛隊は守り切れるのか?宮下寿広元西部方面総監・陸将にお聞きします!」【チャンネルくらら】

現在の陸自には、宮古水道警備、尖閣警備に必要な射程を持つ装備が配備されていません。

記事を読む

小野寺信陸軍少将

スウェーデンといえば思い起こすのが、 大東亜戦争時の駐在武官・小野寺信 陸軍少将です。 情報

記事を読む

no image

平成25年版 防衛白書

平成25年版 防衛白書は、ネット上でも読めます。 PDF版もありますが、読むだけならこちらで十分で

記事を読む

no image

谷垣自民党に関するアンケートでJTB旅行券10万円分が当る!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    / ̄\ ガラ ┏━┓┏━┓

記事を読む

no image

オーストラリアの仮想敵国

オーストラリアは伝統的に仮想敵を「北から来る」としています。これは公式の言い方で、本音はインドネシア

記事を読む

英霊来世-AreiRaise- 防人~あなたがいるから~ 『救助ver』 歌詞入り

記事を読む

no image

米国の軍事意思決定システム

米統合参謀本部と陸海空軍省の関係  わが国と同様(というより日本が米国を参考にしたのですが・・)に

記事を読む

F-35

 わが国は、最新鋭の第5世代ステルス戦闘機F-35Aを42機調達する計画をもっており、201

記事を読む

no image

Central Asian Security Trends: Views from Europe and Russia

Edited by Dr. Stephen J. Blank. The war in Afghani

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑