メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

「台湾の未来と日本人の役割について」(予備役空軍大尉)

time 2008/06/24

臺灣地形圖中華民国
 中華民国憲法はその領土として台湾を含む中国大陸全体を規定していますが、このような憲法を持つ「中華民国政府」は共産シナ政府からみるとその主権を脅かす「反乱団体」ということになり鎮圧すべき対象ということになります。

 つまり中共の台湾への軍事侵攻に法的根拠(反乱鎮圧のための行動であるということ)を与えてしまいます。その意味で、台湾の政権が「中華民国」を名乗り続けることは共産シナ政府による「警察行動」を招き寄せる危険が大です。

臺灣共和国

 いっぽう、台湾の政権が「中華民国」の看板をおろし「台湾共和国」を名乗れば、中共による台湾侵攻は主権国家に対する侵略に他ならなくなります。一日も早く民族自決権に基づく住民投票を実施して「中華民国憲法」を廃棄し「台湾共和国憲法」を制定して「台湾独立=台湾建国」を果たすべきです(注.台湾独立とは中華民国体制からの独立であってもともと台湾を支配したことのない共産シナ政府からの独立というのはハナからありえない話です。たとえば、独身者は離婚出来ません)。

 先の総統選挙では民進党の失策に加え、中共の走狗達による宣伝に多くの台湾国民が幻惑され、台湾独立勢力は後退を余儀なくされましたが、多くの日本人はこの事実をもっと深刻に受け止めるべきです。台湾独立勢力こそ真の意味での数少ない親日派だからです。このたびの立法院(国会)選挙において議席を失ってしまった台湾独立派の「台湾団結連盟」の議員達が、「英霊に敬意を表するため」に靖国神社に参拝した事実(2005年4月4日)を忘れてはなりません。

友人は誰か?敵は誰か?

 真の意味でのわが国の友人が誰で、わが国の敵が誰なのかを問うべきでしょう。
友人が苦境にあるときこそ手を差し伸べるのが人としてのあるべき姿であり、いま最優先で日本人がなすべきことは台湾独立勢力を支援し、将来の日台国交樹立、日台同盟締結の土台を築くことです。

(予備役空軍大尉)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・