メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

深夜タクシー問題と自衛官

time 2008/06/07

中央省庁関係者が、深夜タクシーで帰宅する際、金券などをもらったとする
話題が報道されています。
これに関連し、信頼できる情報筋からいただいたはなしをご紹介します。
<深夜タクシー関係者より
 報道によれば、防衛省でも深夜タクシー利用の見返りに、便宜供与を受けて
いた者が10名いたそうです。
 私は、防衛省でそのようなことをしたのはシビリアンだけだろうと思ってい
ます。私は、制服でこのような卑しいことをする人を一度も見たことがありま
せん。防衛省改革でシビリアンと制服の関係を見直そうとしている今こそ、こ
の問題について詳しく調べて頂ければと思います。
 夜間タクシーを利用する者の多くはシビリアンです。各幕僚監部よりも内局
の職員数が圧倒的に少ないにもかかわらず、タクシー券の配分数は、内局の方
が各幕僚監部よりも圧倒的に多いはずです。(もっとも、省全体としての配分
数は、財務省が一番多いはずですが・・・・・)
 タクシー券の配分を十分に受けることのできない多くの自衛官は、終電の時
間を超えると事務所内の床で寝るそうです。(内局には、仮眠室というベット
完備の部屋があるそうですが、使っている人はほとんどいないようです。)
 シビリアンがタクシーを利用する見返りに金券やビールを受けとっている間、
自衛官が床に寝ながら頑張っているという構図にやりきれなさを覚えるのは私
だけではないと思います。
 報道の皆様には、各省庁が発表した表面的な数字だけではなく、もっと深い
部分に迫った取材を行って頂くことを希望します。
 最後に、各幕僚監部は、朝早くに業務が開始される地方部隊との連絡調整を
行うため、内局職員がまだ通勤していない時間から業務を開始しており、業務
の終了は内局職員がタクシーで帰った後であると言うことも知っておいて良い
でしょう。ちなみに、自衛官がいくら早く出勤しても、また、遅くまで残業し
ても、彼らには超過勤務手当て(残業代)の制度そのものがない(ただ働き)
そうです・・・・・。>
≪080607 0800配信 メールマガジン「軍事情報」より≫

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・