*

在沖米軍を考える際の軍事的視座

米軍の世界戦略

米軍は、世界戦略の中で、抑止と対処を踏まえたトランスフォーメーション(再編)を考えている。このことを前提に考えるべきだと思います。

そして、最も重視している地域が、アフリカやバルカン半島から中東を通って東南アジア、朝鮮半島に至る紛争多発地域である「不安定の弧」です。ここはテロリストの温床となり、米軍基地も少ない地域です。

特にアジアにおける軍事力の配置に関しては、中国や北朝鮮を牽制しつつ(力の空白を作らないように)、米本土からの戦力の補充も考慮しながら、必要に応じて「不安定な弧」の地域に展開できるように配慮していると考えられます。

 もちろん、「不安定な弧」の一部である極東においても、例えば、北鮮の南進や中台紛争といった周辺事態、中国の尖閣諸島への侵攻等の事態が発生した場合、その対処とそうさせないための抑止は、極東に駐留する米軍が直接担当する事になります。

米軍が沖縄にこだわる理由

その中で、米軍が沖縄県内にこだわっているのは、「太平洋の要石」と言われる沖縄の地政学的な位置付けにあると考えます。航空機の航続距離、後方支援等を考えると、台湾や朝鮮半島に1日で展開可能です。

展開可能時間短縮がなぜ重要か?

軍事的な視点から、展開可能時間の短縮が何故重要かというと、初動を如何に制するかは、勝敗に大きく関わってくるからです。ガダルカナル戦の戦訓のとおり、戦力の逐次使用は最も避けるべきです。

相手の態勢が整わないうちに、相手の戦力を分散して、我の戦力を迅速に集中させて相対的に優位な我の戦力を当てる。初動で貴重な戦力を失うと、ランチェスターの第二法則(民間企業の経営戦略にも応用されており、ネットでも調べられると思いますから、説明は省略します。)のとおり、幾何級数的に損耗が増大していきます。

また、機動中は十分な戦力発揮ができず、極めて脆弱な状態にあります。少しでも早く展開し、戦力発揮が可能な状態にすることは、留意すべき事項です。1日、いや数時間、数分の遅れは、致命的な打撃を与えられる可能性があります。

戦力の離合集散をいかに行うか

そういう意味で、国際情勢の現状や予想される最悪の事態を想定し、国家予算等の制約事項を考慮しながら、平素からの配置を含めて、戦力の集散離合をどうするかは、大きな戦略判断です。そして、戦力の集散離合に関連し、作戦を直接実施する部隊と支援部隊の連携をどう取るかを考慮しておく必要があると考えます。

代替戦略なしの戦力後退が意味すること

また、対象国の状勢判断を行う場合の視点として、大きく見ると「能力」(相手の持つ戦力を分析し、何ができるかという見積り)と「意図」(国家目標、指導者の性格等を分析し、何をしようとしているかという見積り)の2つがあります。

十分な代替戦略を練ることなく沖縄地区から戦力を後退させると、対象国は、我の意図をどう解釈するでしょうか?誤ったシグナル(例えば、小さな島の紛争に米軍は関与しない)を与えると、対象国はそれに見合った行動(例えば、威力偵察を兼ねた尖閣諸島の実効支配)を採ってくる可能性が増大すると考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

独学で戦争を学ぶ秘訣

こんにちは。エンリケです。 戦争は軍人だけに任せておくにはあまりに大きな問題で

記事を読む

【9月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイルJアラートで大嘘!コリア専門家と元官僚・今こそ核の議論を!ドイツの核シェアリングを

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

[2ちゃんねる]【沖縄】石垣に海自ミサイル艇 市民団体反発 自衛隊は台湾や中国との軍事的緊張増長 一方、歓迎も「離島防衛担う」[06/25]

1: 東京ロマンチカφ ★ 2013/06/25(火) 11:09:09.64 ID:???

記事を読む

中共、対米空母用電磁パルス(EMP)兵器を開発中

米国家陸上情報センター(NGIC)は米陸軍情報集団・情報保全集団の一組織で世界各地の地上軍に関する情

記事を読む

no image

伝統墨守 唯我独尊

■【質問:祇園さま】 3自衛隊を表現することばとしてよく使われる 陸:「用意周到・頑迷固陋」

記事を読む

no image

「何が違うか明らかにするための議論」の成果

こんにちは。エンリケです。 国を思う気持ちと向かう方向性は同じだが、その理由と具体

記事を読む

180124配信【驚くほどよくわかる防衛論(14)】 市川文一(元陸将補)

もくじ □はじめに ▼日本の防衛力整備の方向性を考察、提言 ▼北朝鮮の核・ミサイルへの

記事を読む

no image

“Asia’s Democratic Security Diamond” by Abe Shinzo

TOKYO – In the summer of 2007, addressing the Cent

記事を読む

【8月26日配信】(再)桜林美佐の国防ニュース最前線「東日本大震災で自衛隊員を襲ったまさかの出来事~地図がなぜ重要なのかを西村良雄元中央地理隊長・陸将補にお聞きします」【チャンネルくらら】

 

記事を読む

【7月22日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「稲田大臣PKO日報問題の本質とは?自衛隊初のステルス戦闘機F35の問題点は?」織田邦男元空将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑