*

伝統墨守・唯我独尊について

【質問】

3自衛隊を表現することばとしてよく使われる

陸:「用意周到・頑迷固陋」
空:「勇猛果敢・支離滅裂」
海:「伝統墨守・唯我独尊」

について、陸と空は理解できますが、海についてはその意味するところがよくわかりません。関係者の方に解説いただけないでしょうか。

【回答:ヨーソロさま】

「伝統墨守・唯我独尊」ですが・・・「伝統尊重・唯我独尊」という言い方も聞いたことがあります。

どちらにせよ、海上自衛官が自分で言出したことではないでしょうが、三自衛隊の特徴の比喩的表現としてよく使われています。私自身は、海自OBとして、この言葉にあまり悪い印象は持っていません。(^-^;)ゞ

以下に、私の承知している各言葉の由来を書いてみます。

1 まず、陸自の「用意周到・頑迷固陋」ですが・・・

 昭和25年に警察予備隊が発足したとき、旧陸軍を一切否定して米陸軍のやり方を採用することから組織づくりが始りました。これは当時の時代風潮からやむを得ぬ面もあったでしょうが、この雰囲気は陸自時代になってからも継続され、防大卒業生が各部隊に配属され始めた頃でもまだその気分は色濃く残っていました。
 
 旧軍の軍歴のある方々は既に3佐[少佐]以上の階級になっていましたが、歴史観、戦術思想、教育訓練、生活指導等の考え方で旧内務官僚出身の高級幹部と戦後世代の初級幹部からの板挟みにあってイヤな想いをするようなことも随分とあったようでした。
 
 しかし、昭和40年代に入ってからはこの風潮も徐々に薄れ始め、旧軍の良かったところも少しづつ取込まれ、現在ではほゞ落着くところに落着いているように感じられます。
 
 このような言わば「いじめられっ子」のパブロフ的防御反応として、陸自の「用意周到・頑迷固陋」が醸成されたように感じています。

2 次に、空自の「勇猛果敢・支離滅裂」ですが・・・
 
 空自は旧陸海軍の航空部隊の歴史が比較的浅かったこともあり、陸自より更に素直に米空軍方式を取入れました。米空軍自身が戦後になって陸軍から独立し、航空技術革新の速さと相俟って、陸軍とは異なることをことさらに強調していた事情も反映されています。言わば日米共に根無し草的な発足と発展の歴史であったと言えましょう。
 
 これに加えて陸軍航空士官学校出身者と海軍兵学校出身者の対立がありました。旧陸海軍の航空関係者が混然一体となって新空軍の建設に携りましたが、新制度の導入や教育訓練等において旧陸海軍の反目をそのまま引継いだようなテンヤワンヤが展開されました。この後遺症は前述の陸自よりもむしろ長く尾を引いたかも知れません。
 
 この旧陸海軍の亡霊のような競争心と近親増悪が「勇猛果敢・支離滅裂」の由来なのですが、今ではもう少し良い意味に昇華しているようでご同慶の至りです。

3 そして最後に海自の「伝統墨守・唯我独尊」ですが・・・
 
 海自は組織的にも構成人員的にも旧海軍をそっくり引継いで発足しました。昭和20年12月1日の海軍官制の廃止後、外地からの引揚げ・復員輸送や機雷処分・航路啓開のために残された組織が、海上保安庁を経て海上警備隊、警備隊、そして海上自衛隊と一日も途切れることなく引継がれて現在に至っています。
 
 新海軍の再建に協力した米海軍も帝国海軍を好敵手として一目置いていましたので、海自は米海軍の優れた点は積極的に取入れましたが、海軍気質を始め旧海軍の良いところは伝統としてそっくり残すように努めました。昔も今も同じ自衛艦旗が象徴するように、海自は「帝国海軍の正統後継者」を自負しており、これが全海上自衛官のプライドになっています。
 
 以上が「伝統墨守・唯我独尊」の所以ですが、陸空自や内局、警察、海保等の人達にはこのプライドがやゝ鼻に突くのかも知れませんね。

なお上記に関連して蛇足ですが・・・、防衛大学校卒業生の間では上に述べたような陸海空の対立意識は殆どありません。旧軍出身の先輩達の心情的不信感や対抗心がむしろ不思議に思えたものでした。

防衛大学校が50年余にわたって3自衛隊共通の士官学校として幹部自衛官[将校]の養成教育を行い、既に二万人近くの卒業生を出していることの意義を強く感じています。

先般の新統幕組織の発足も、防大の3軍合同教育の成果が結実したものであると言えましょう。

以上、ご質問のお答になっているでしょうか?ヨーソロの管見でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

非常事態宣言と戒厳令の違い

「日本列島波高し」より http://yosoro.okigunnji.com/?cid=19711

記事を読む

171120配信【戦う組織の意思決定入門(5)】 「作戦リーチ内に敵を捉える:作戦限界点の 見極めと縦深性の確保」  堂下哲郎(元海将)

もくじ □はじめに ▼前回のふりかえり ▼部隊の機動力、継戦能力を把握する ▼作

記事を読む

日本が原子力潜水艦を保有することの意義

中共の企図している台湾侵攻の戦火は、必ず先島諸島から我国全体に及ぶでしょう。 それを阻止できるか、

記事を読む

【9月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイルJアラートで大嘘!コリア専門家と元官僚・今こそ核の議論を!ドイツの核シェアリングを

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

戒厳令と非常事態令はどこがどう違うのでしょうか?(その1)

From:製パン居士  戒厳令は、軍が国家の統治機能(一部、又は全て/全国、又はある地域))を

記事を読む

【11月4日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「トランプアジア歴訪で何が起きる?習近平“南シナ海は手中に収めた”」用田和仁元陸将【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

【10月21日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮のミサイルはミサイル防衛システムで撃ち落とすことができるのか?防衛予算概算要求について」市川文一元陸自武器学校長・陸将補【チャンネルくらら】

ジャーナリスト桜林美佐が迫る自衛隊の実像 自衛官24万人の覚悟を問う

記事を読む

no image

わが国に必要な陸海空軍力

独立国家に軍事力は必要不可欠です。 「戦後日本」という国家(?)に必要な軍事力について各自衛隊が考え

記事を読む

【7月29日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「北朝鮮ミサイル発射でレッドラインが近づいた?!金正恩斬首作戦は・・」渡部悦和元陸将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

【12月9日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「元陸自・化学防護隊長が明かす日本のテロ対策の実態~そしてもう一つの顔は・・ゲスト石原ヒロアキ」【チャンネルくらら】

石原ヒロアキ漫画館

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑