メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

権力の構図に思いを巡らせる

time 2007/11/25

今回の山田洋行絡みの一連の事件は、間もなく守屋氏にも司法の手が入ることとなり、新たな局面を迎えるのではないかという気がします。


いずれにしろ、今回の一連の事件を防衛省の膿を取り除き、より実効性のある組織に変革するための機会として捉えることが必要でしょう。そう言う意味では、軍事的な知識が豊富でかつ現実的なセンスを持っている石破大臣に期待するところが大です。
ところで、なぜこの事案が今の時期になって持ち上がってきたのでしょうか。このような情報を持ち合わせている組織は、自ずと限られていますよね。そう言えば、次官になりそこねた西川氏は警察出身でした。今回の事件を防衛省の不祥事という観点で捉えることももちろん必要ですが、その背景にある権力の構図について思いを巡らせることも必要かもしれません。
小池元大臣との件がなければこのような事案が公になってはいなかったのではないかという話しも耳にしますが、久間元大臣や額賀元大臣など多くの政治家が疑惑の主として名を連ねていることを考慮すれば、現在の状況を政治家が主導したものとして捉えるのは必ずしも当を得ていないのではないかと思います。
今回の件で、国内政治上のパワーバランスは多少塗り替えられることになるでしょう。それによって、防衛省の行政組織としての力も矮小化せざるを得ないかもしれません。その影響が、実力組織としての自衛隊に及んでこないことを祈るばかりです。
(読者)
【2007/11/25配信 軍事情報】

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1)
「日の丸父さん」(2)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・