*

【家村和幸】元陸自戦術教官が見る島嶼防衛戦略 [桜H24/11/7]

日本兵法研究会会長で、メルマガ「軍事情報」連載の執筆者・家村元2陸佐が、チャンネル桜に出演されました。

<尖閣をめぐって強硬な姿勢を崩すことなく周辺海域への侵入を繰り返す中国の動向を見定めつつ、海上及び離島においてどのような警察力を配備し、武力行使のレベルを想定すべきなのか、”宝の持ちぐされ”となってしまっている下地島滑走路の活用なども視野に入れながら、日本兵法研究会会長の家村和幸氏に元陸上自衛隊戦術教官としての視点からお話しいただきます。>

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

関連記事

no image

作戦構想の変更と第一線部隊の戸惑い その2 (家村和幸)

▽ごあいさつに代えて ~戦場から届いた言葉~ ・・・戦争は昨今ご承知のとおり、ますます恐ろしい

記事を読む

no image

オーストラリアの仮想敵国

オーストラリアは伝統的に仮想敵を「北から来る」としています。これは公式の言い方で、本音はインドネシア

記事を読む

日本が原子力潜水艦を保有することの意義

中共の企図している台湾侵攻の戦火は、必ず先島諸島から我国全体に及ぶでしょう。 それを阻止できるか、

記事を読む

【期間限定】「ブラックプリンセス 魔鬼」全巻まとめ読みチャンス

こんにちは。エンリケです。 石原ヒロアキさん(「日の丸父さん」作者)が描く 長編戦争シミュレ

記事を読む

India’s Nuclear-Weapons Program: 5 Things You Need to Know

The National Intarest India's Nuclear-Weapons Pro

記事を読む

【7月1日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「中国、ロシアの脅威に米国はどう対抗する?!最新軍事技術ドローン、レーザー兵器の実用化が目前に!」小野田治元空将【チャンネルくらら】

『自衛官の心意気 そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか』

記事を読む

no image

孫子「火攻篇・用間篇」と闘戦経の教え

孫子の兵法書(Wikipediaより)[/caption]■戦(いくさ)を知り、真の平和を学ぶ!■

記事を読む

no image

あなたの対シナIQを、周りの人より圧倒的に高くする方法

こんにちは。エンリケです。 シナの脅威とはいったい何か?米とシナの戦争シミュレーション

記事を読む

【11月18日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「日本人の知らないトランプ発言の真意!米軍駐留経費全額負担したら傭兵に?国境に壁作る?」元海上自衛隊呉地方総監伊藤俊幸元海将【チャンネルくらら】

 

記事を読む

no image

[2ちゃんねる]★尖閣に自衛隊を駐屯させよう★

1: 名無しさん@3周年 2012/08/22(水) 17:56:00.36 ID:GvAXJG3

記事を読む

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑