メールマガジン「軍事情報」のホームページ

創刊2000年10月のメールマガジン「軍事情報」です。

中華思想を煽った末の「天災は王朝打倒のシグナル」(大礒正美)

time 2008/05/19

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報 (中華思想を煽った末の「天災は王朝打倒のシグナル」)
                              11,466部
平成20年(2008年) 5月19日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆ 中華思想を煽った末の「天災は王朝打倒のシグナル」(大礒正美
┃  ☆ 広告に関するご案内
┃  ☆発行:おきらく軍事研究会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
シナで発生した地震が中共と世界政治に与える影響について、国際政治学者の
大礒正美さん(前静岡県立大学教授、シンクタンク大礒事務所代表)は、以下
の見解を示されています。実に示唆に富む内容です。ご一読ください。
(エンリケ航海王子)
———————————————————————-☆
◎◎ 中華思想を煽った末の「天災は王朝打倒のシグナル」(大礒正美) ◎◎
———————————————————————-☆
平成20年5月18日
    
   中華思想を煽った末の「天災は王朝打倒のシグナル」
 胡錦濤国家主席を始め、中国共産党政権の幹部たちの頭には、「易姓革命」
という四字熟語が寝ても覚めてもちらついていることだろう。
 四川(しせん)大地震の犠牲者は5万人を軽く超えると見られ、最終的にどの
くらい増えるのか想像もできない現状だ。被災者総数は1千万人、被災面積は
北海道の広さを遥かに凌駕するという報道もある。
 そうした犠牲者、被災者には深い同情の念を禁じ得ないが、同時にこの天災
が中国と世界の政治状況にどのような影響を及ぼすことになるかを、今のうち
から考えておく必要があるだろう。
 中華の歴史上、為政者の交代は「天の声」によるものとして正当化されるの
が常識だ。これは儒教だけにとどまらず、歴史的中華の政治思想の中核を占め
る理論として確立している。
 天が為政者を見放し政権交代を促すという思想、すなわち「天命が革(あらた)
まる」というのは、客観的に見れば、武力で政権を簒奪(さんだつ)した新皇帝
が自らの正当性を後付けする理屈だ。
 しかし、そうであっても、実際に「革命」の後付け理由として、大規模な天
災がうってつけであることは論を待たない。農耕文化圏では特にそうである。
 大陸中国で珍しくない大洪水や干ばつ、大飢饉、大地震などは、すべて天の
命が革まったシグナルと解釈される。民が苦しみ、怨嗟(えんさ)の声が地に満
ちる。天の声は民の声に他ならない。そう考えれば、けっこう理にかなってい
ると言えよう。
 我が国でも、この思想はたとえば江戸時代の「大塩の乱」に明瞭に現れてい
る。儒学者で陽明学に傾倒した大塩平八郎は、天明・天保の大飢饉(1830年代)
を幕府への反乱の理由に挙げている。
 今度の四川大地震が中国共産党に与えた衝撃の度合いは、1976年の唐山(とう
ざん)大地震と比べてみれば一層よく分かるだろう。
 唐山大地震は犠牲者24万人と記録されており、四川大地震より犠牲者が一
桁多いようだ。しかし、客観情勢の違いは極めて大きい。
 1976年というのは冷戦の真っ只中で、その5年前から共産中国は米ソ英仏と
並ぶ国連安保理常任理事国の仲間に加えられていた。中国共産党はソ連共産党
よりもマルクス・レーニン主義の正統は我にありと主張していた。歴史的な中
華思想は、あらゆるレベルの宗教と共に共産主義の敵として抹殺されたままだ
った。
 したがって唐山大地震は、少なくとも百数十年間の記憶にある最大最悪の天
災だったにもかかわらず、「天命が革まった」というようには受け取られなか
った。一般人民はそういう歴史教育を受けていなかったので、天の命という概
念すら頭に浮かばなかったのではないだろうか。
 それだけでなく、インターネットはまだ存在せず、テレビ・ラジオなどの情
報通信手段は共産党によって完全に統制されていた。そのため、唐山大地震の
被害状況は国民にほとんど隠されていたのである。世界に対してだけでなく、
人民に対しても同じように情報隠匿が当たり前だった。
 これらの客観情勢は、十数年後に一変した。80年代末の冷戦構造崩壊、天
安門事件(89年)、ソ連の消滅(91年)などに直面し、中国共産党は共産主義
を堅持しながら中華思想に活路を求めるに至った。江沢民国家主席が推進した
「中華民族」意識への切り替えである。
 それが大成功したことは、五輪聖火リレーが世界に証明してみせたばかりだ。
オリンピックそのものやトーチリレーをあたかも中国の所有物のごとくに受け
取り、他国で傍若無人に沿道を真っ赤な巨大国旗で埋め尽くすという映像を見
て、中華思想ここに極まれりと感じた日本人も多かったであろう。
 そこまで中華思想を煽りまくったピークで、唐山大地震に並ぶほどの大地震
が襲った。なんという天の配剤だろうか。
 こんな時、為政者の側、王朝の側ではどんな対応をとるのだろうか。
 
 天災に見舞われた為政者としては、なんとか易姓革命を予防、阻止したいと
考える。そして多くの場合、元号を替えることになる。為政者の反省の意を天
に届けようという試みだ。
 日本でも、明治までは改元が頻繁に行われた。今ではその意味がよく分から
なくなっているが、天災に対応する常識的な反応だったと思えば不思議はない。
厄払いと同じようなものだったのだろう。
 清朝滅亡後の大陸では孫文などが元号を維持しようとしたが、共産党政権は
元号を捨ててしまった。現在ではおそらく北京オリンピックと再来年の上海万
博が、それに代わる役割を期待されるのであろうと推測できる。
 しかし、その二つの中華意識高揚イベントが終了したあと、共産党王朝に対
する支持はどれだけ持続するだろうか。インターネット時代に情報統制は日に
日に難しくなる。チベット問題であえて世界を敵に回し、それを最大限に国内
の求心力に利用しようとした共産党独裁体制は、明らかに天に向かって唾(つば)
していたのである。(08/05/18)
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest.html
————————————————————
■広告に関するご案内
弊マガジンに広告を掲載したい方は、
マグ広告ドットコム
http://www.1magkoukoku.com/a/infogold.html
よりお申し込みください。
その際、
広告掲載申し込みフォームの備考欄に
「メールマガジン「軍事情報」への掲載希望」
とお書き下されば、マグ広告ドットコムさんから当方に、優先的に掲載依頼が
通知されることになってます。
今号の配信部数:11,466
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」
☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >
☆ 公式メインサイト:< http://okigunnji.com/ >
※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。
※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。
※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。
────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(ほぼ隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)
の定番マガジンと、その他随時に記事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。
Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`newsing` not found]
[`google_buzz` not found]
GREE にシェア
email this


【日本最大級】楽天トラベル


軍事情報へのお問い合わせはこちらまで


メルマガ「軍事情報」 登録(無料)はこちら↓でどうぞ

メルマガ購読・解除
 


米国軍隊、警察、特殊部隊、米国政府機関で正式に採用されている科学的護身術~コンバット・ファイティング


sponsored link

その他

英霊来世

メルマガ購読・解除

 



「日の丸父さん」(1~12話)

▼脚気の惨害に帝国陸海軍はいかに対処したか?▼

▼机上論ではない、安保政策の理想的な教科書▼

▼精緻な銃器豆知識▼

▼最高の孫子解説書▼

▼三十六計で読み解くシナの戦略▼

▼自衛隊によるオリンピック支援の実際

▼水面下の戦争に勝つ▼

▼キーワードは「換骨奪胎」と「地政学教本」

▼インテリジェンスの教科書

▼明治以降の通説を覆した日露戦争陸戦史▼

▼再終末期の帝国陸軍の苦悩がわかる名著▼

▼防衛産業のすべてがわかる傑作▼

▼近現代日本の軍事史がつかめる貴重な一冊▼

▼国史の新常識▼

▼大楠公のエキスを吸収できる本▼

メルマガ登録

アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたい

人気の検索キーワード

最近検索されたキーワード

sponsored link

メルマガ購読・解除
軍事情報
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ


「日の丸父さん」(1~12話)
高速バスの予約 icon
■黒の経典SCS■歴史上の支配者が使っている女をものにする卑劣な方法とは?・・