*

「 月別アーカイブ:2017年11月 」 一覧

171129配信【驚くほどよくわかる防衛論(8)】 市川文一(元陸将補)

2017/11/29 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼現実の防衛問題や安全保障問題にも対応できる、戦力主体の防衛論 ▼国の戦力を数値化し、比較・分析することの意味 ▼戦力をいかに数値化するか?

続きを見る

171127配信【戦う組織の意思決定入門(6)】 「決勝点と作戦系列を決める:作戦行動を同期させる」  堂下哲郎(元海将)

2017/11/27 | 軍事知識

もくじ □はじめに □はじめに ▼作戦を組立てるための「文法」「構文」 ▼フェーズ(Phase) ▼フェーズ区分の留意点 ▼分岐策、事後策、決心点 ▼作戦休止 ▼決勝点と作戦系

続きを見る

171122配信【驚くほどよくわかる防衛論(7)】 市川文一(元陸将補)

2017/11/22 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼核兵器の凄まじい破壊力のため、逆に核抑止が働かないジレンマ ▼核戦力保有国同士で核抑止が働かない場合 ▼核戦力を保有しない国に核抑止(核の傘)が働かない場合 ▼

続きを見る

171120配信【戦う組織の意思決定入門(5)】 「作戦リーチ内に敵を捉える:作戦限界点の 見極めと縦深性の確保」  堂下哲郎(元海将)

2017/11/20 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼前回のふりかえり ▼部隊の機動力、継戦能力を把握する ▼作戦リーチ ▼基地機能の展開 ▼フォークランド紛争での作戦リーチの問題 ▼作戦限界点 ▼作戦区

続きを見る

日の丸父さん(23)「防衛産業」 石原ヒロアキ

今週の漫画はこちら ↓ https://yondemill.jp/contents/32756?view=1 石原ヒロアキ「まんが館」を立ち上げました。 現役時代に頼まれて描いた4コマ漫画も

続きを見る

171115配信【驚くほどよくわかる防衛論(6)】 市川文一(元陸将補)

2017/11/15 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼核戦力による通常戦争の抑止 ▼日本もアメリカから借用している核の傘 ▼核戦力に対抗するための核の傘 ▼通常戦争も抑止する「核の傘」 ▼核戦力による威嚇、恫喝に

続きを見る

171113配信【戦う組織の意思決定入門(4)】 「敵の重心との戦い方:直接アプローチと間接アプローチ」  堂下哲郎(元海将)

2017/11/13 | 軍事知識

もくじ □はじめに:トランプ大統領のアジア歴訪開始 ▼前回のふりかえり ▼重心との戦い方:直接アプローチと間接アプローチ ▼戦略、作戦各レベルでの間接アプローチ ▼刺すべき心

続きを見る

171108配信【驚くほどよくわかる防衛論(5)】 市川文一(元陸将補)

2017/11/08 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼核兵器が凄まじい威力を持つ原理 ▼通常戦力と異なる核戦力の運用要領 ▼核戦力による戦争の抑止、使わないことを前提とした戦力 ▼核戦力による核戦争の抑止

続きを見る

171106配信【戦う組織の意思決定入門(3)】 「作戦目標を定める」  堂下哲郎(元海将)

2017/11/06 | 軍事知識

もくじ ▼前回のふりかえり ▼「作戦目標」を定め「目標系列」を確認する ▼「目標系列」の失敗例と原因 ▼目標の堅持と柔軟性について ▼使命達成クライテリアを設定する ▼ベトナム戦争の反

続きを見る

171102配信【驚くほどよくわかる防衛論(4)】 市川文一(元陸将補)

2017/11/02 | 軍事知識

もくじ □はじめに ▼国の数が多くなると、複雑な戦力バランスで戦争を抑止する ▼世界が理想とする「集団安全保障」 ▼核戦力で考える防衛論 ▼核兵器の特徴、その凄まじい威力

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑