*

「 月別アーカイブ:2017年01月 」 一覧

アーロン・フリードバーグ (著), 平山 茂敏 (監修):「アメリカの対中軍事戦略 エアシー・バトルの先にあるもの」

こんにちは、エンリケです。 「A2AD」 について詳しく知りたいなら、 この本がオススメです。 アメリカは、 中共が打ち出した「A2AD構想」 の後手を引かされ

続きを見る

『日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理』

こんにちは。エンリケです。 この本を読めば、ひとことでいうと、 世界を動かしている原理は何か? がつかめます。 それだけでなく、日々の不確定な情報洪水の中で、 より正

続きを見る

日下公人/宮脇淳子:「日本人がつくる世界史」

こんにちは。エンリケです。 今のわが国で、もっとも知的でスマートな タブーに縛られない報道を行っているネットメディアが 「DHCシアター」です。 DHCシアターは、 百田さんも出てい

続きを見る

山村明義:「劣化左翼と共産党 SEALDsに教えたい戦前戦後史」

こんにちは、エンリケです。 いい大人なのに、テレビやカメラの前で 白昼堂々と、妄想的な発言や罵詈雑言を行うのは、 圧倒的な割合でそのむかし「進歩派」とか「革新派」とか 呼ばれた左翼層が多い

続きを見る

小坪しんや:『行橋市議会議員 小坪しんや』

こんにちは、エンリケです。 SNSやブログ等のネットメディアをフル活用し、地方議員で ありながら知名度が全国区の異能政治家の処女作です。 氏の最大の特徴は、 「何を言うか?より何をやる

続きを見る

倉山満:『倉山満が読み解く 太平記の時代─最強の日本人論・逞しい室町の人々』

こんにちは。エンリケです。 著者がこの本を上梓した目的は、 「数千年におよぶわが歴史の中で、いまの戦後日本が例外的に情けない・恥ずかしい時代だ」 という現実を読み手に伝え、覚醒させることにあ

続きを見る

日の丸父さん(13 )「受験勉強」 石原ヒロアキ

今週の漫画はこちら ↓ https://yondemill.jp/contents/20940?view=1 はじめに 受験勉強は、大学入試で終わると思っていました。自衛隊は特定の武器や部

続きを見る

瀬戸弘幸:「有田芳生の研究」

こんにちは。エンリケです。 有田という公人の言動を分析し、その背後に何があるか? を考えるための資料集といってよい本です。 有田芳生という人物がはじめて国民の前に表れたのは、、 オウム

続きを見る

坂東忠信:「在日特権と犯罪」

こんにちは。エンリケです。 一風変わっているからバツグンに使える本です。 極左を育てたのは日共、 など、 真実を暴露することばは刺激的。 ということわざを体現することばが

続きを見る

江崎道朗:『マスコミが報じない トランプ台頭の秘密』

こんにちは。エンリケです。 アメリカをどう理解しているか? 戦後日本にとって最も重要なはずの外国・アメリカ。 しかしわが国朝野のアメリカ理解は浅いです。 最大の理由は マスコミへ

続きを見る

おススメ本:『戦略・戦術で解き明かす 真「日本戦史」』

こんにちは、エンリケです。 家村和幸さん(元二等陸佐、日本兵法研究会会長)が、 新刊を出されました。 ロングセラーとしておなじみの 『図解 戦略・戦術で解き明かす 真実の「日本戦史」』

続きを見る

オススメ本:『「日露陸戦国際法論」を読み解く ─武力紛争法の研究─』 佐藤庫八

こんにちは、エンリケです。 大東亜戦争が終わったのは昭和20年9月2日ですが、 戦後日本国内では、停戦のご詔勅が出た昭和20年8月15日を、 戦争が終わった日と認識させられています。これも戦

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑