*

「 安保・戦略 」 一覧

日米防衛相共同記者会見概要 平成24年8月4日

防衛省HPより転載 http://www.mod.go.jp/j/press/youjin/2012/08/04_kaiken.html 日米防衛相共同記者会見概要 平成24年8月4

続きを見る

国防に対する民衆の意志、社会意識

2012/08/26 | 安保・戦略 ,

日本にも数々の不利な条件はあるが、国防に対する民衆の意志、社会意識が主権在民の国の国防の根基であり、これがあれば必要で適切な防衛体制の確立はできる。(井門満明・元調査学校長) 三岡健次郎監修 自

続きを見る

ホルムズ海峡の機雷除去

停戦後でなければ海自派遣まかりならぬ。という主張は誤り。 http://suikoukai-jp.com/other/kaiyouanpo/meyasu/120814horumuzukaikyo

続きを見る

沖ノ鳥島、わが国最南端の島です

沖ノ鳥島は、わが国最南端の島です。 市井のおじいさんが、自然保護のため東京都に1億円を寄付したことでも知られます。 熱帯なんですよ。ここ。 日本って、コンパクトに見えても実は、熱帯から亜寒帯

続きを見る

今もし支那から孔子や孟子を大将として、我が国へ攻めて来たならば、お前達はどうするか

<かやうに闇齋の學問は、人倫を重んじ、その人倫を重んずる當然の歸結として、革命を否定し、そして革命の行なはれた事の無い日本の歴史、日本の國體を讚へたのでありました。 山鹿素行が『中朝事實』の中で

続きを見る

吉田松陰先生『天下非一人天下説』

「評。天下は一人の天下に非ずとは、是れ支那人の語なり。支那は則ち然り。神州に在りては、斷々、然らざる者有り。  謹みて按ずるに、我が大八洲は、皇祖の肇めたまふ所にして、萬世、子孫に傳へたまひ、天

続きを見る

世界各国(ヘンな国除く)の大東亜戦争への視点

http://yamat00.web.fc2.com/kouseki.html よく整理されてますね。 大東亜戦争への罪悪感から脱却すること。 これが日本国民・日本人にかけられた洗脳を解

続きを見る

兵頭二十八 「日本人が知らない 軍事学の常識」 草思社

わたしには軍事センスがない・・・。と諦める前に! 軍事を身につけるのに、センスはほとんど必要ありません 「日本人が知らない 軍事学の常識」 あなたは軍事情勢をいまいちツカ

続きを見る

荒木肇 「東日本大震災と自衛隊」 並木書房

7年前の晩春の日の午後、二人のサラリーマンがメールマガジン「軍事情報」の購読を始めました。二人ともよく似ていました。二人とも、名の通った一流企業の幹部候補生で頭脳明晰、可愛い恋人を持ち、会

続きを見る

佐藤守 「ジェットパイロットが体験した超科学現象」 青林堂

あなたは今まで不思議に思ったことはありませんか? 何故、あの時自分は死ななかったのだろうか・・・? 何故、あの時英霊の声が聞こえたのか? 何故、あの時あの人から助け舟をいただけたのだろうか・・?

続きを見る

世界サイバー戦争

 原発事故によって、技術安全神話が崩壊したにもかかわらず、日本では情報ネットワークは、クラウド技術への依存へ熱中し、電力は、送発分離が当然だと、スマートグリッドが賞賛されている。  しかし言ってみ

続きを見る

家村和幸 闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』  著:家村和幸  ページ数: 219ページ  出版社: 並木書房 (2011/11/17)  発売日: 2011/11/17  商品の寸法

続きを見る

松村劭:世界全戦争史

『世界全戦争史』  著:松村劭  ページ数: 2663ページ  出版社: エイチアンドアイ (2010/11)  発売日: 2010/11  商品の寸法: 21.2 x 16.8 x 8.8 cm

続きを見る

歴女が学んだホントの日韓関係

『歴女が学んだホントの日韓関係』 著:北山京 監修:西村幸祐 発行:青林堂 発行日:2010/8/22 http://tinyurl.com/2btfkho ■ネット発の半島知識啓蒙書 本著は、

続きを見る

太田文雄:国際情勢と安全保障政策

『国際情勢と安全保障政策』 太田文雄(著) 芙蓉書房出版 2010年4月5日発行 http://tinyurl.com/y79p2ob ■わが安保情勢を把握するための情報 ある国の対外意志はその

続きを見る

太田文雄:同盟国としての米国

『同盟国としての米国』 太田文雄(著) 芙蓉書房出版 2009年10月5日発行 http://tinyurl.com/y49grg6 ■本当の専門は 著者の太田さんは海自ご出身で、最後の補職は情

続きを見る

J.C.ワイリー(著) 奥山真司(訳):戦略論の原点

『戦略論の原点』 J.C.ワイリー(著)奥山真司(訳) 芙蓉書房出版 2010年2月26日発行 http://tinyurl.com/y49grg6 ■クラウゼヴィッツ以来の戦略家 <成功する戦

続きを見る

荒谷卓:戦う者たちへ ー 日本の大義と武士道 ー

『戦う者たちへ ー 日本の大義と武士道 ー 』 著者:荒谷卓 発行:並木書房 発行日:2010/2/25 http://tinyurl.com/yay6byf この本で一番目を引くのは、表紙の清々し

続きを見る

普天間ヘリ部隊の意義

わかり易く言えば、普天間基地のヘリ部隊は消防署で火災発生時に消防署員が滑り降りる「鉄棒」に例えられます。 言うまでもなく、二階の待機所から滑り降りれば直ぐに消防車に乗り込めるところに、それのみに

続きを見る

普天間基地移転問題–どの側面を重視するのかを明確に認識すべき

あくまでも私見とのご了解をいただきまして一言申し上げます。 普天間基地移転問題には、各種側面がございます。 1 世界戦略上の側面 2 海兵隊運用上の側面 3 日米安保上の側面 が

続きを見る

いわゆる普天間問題を考えるに当たっての重要な視点

小生は、普天間問題に関しては細部にわたる具体的内容を承知しておりませんが、これを考えるにあたっての重要な視点は次のようなことであると考えております。 海兵隊という軍種の特質 第1は、海兵隊

続きを見る

コリン・グレイ(著) 奥山真司(訳):戦略の格言 ~戦略家のための40の議論~

『戦略の格言 ~戦略家のための40の議論~』 著者:コリン・グレイ 訳者:奥山真司 発行:芙蓉書房出版 発行日 2009/8/20 http://amzn.to/2ldur5D コリン

続きを見る

田母神俊雄全一巻 月刊『WiLL』 09年8月号 増刊

月刊『WiLL』 09年8月号 増刊 『田母神俊雄 全一巻』 出版社:ワック 発行日:2009/7/9 http://tinyurl.com/knc6df 読者プレゼントの当選者のお1人、Tさまから

続きを見る

日本が原子力潜水艦を保有することの意義

中共の企図している台湾侵攻の戦火は、必ず先島諸島から我国全体に及ぶでしょう。 それを阻止できるか、否か、はまさに「バトル・オブ・ブリテン」の先例にあるとおり、彼我の航空優勢の如何にかかっています。侵

続きを見る

田母神俊雄:真・国防論

『真・国防論』 著:田母神俊雄 出版社:宝島社 発行日:2009/5/4 http://tinyurl.com/cuoufe 「ずいぶん多くなったねえ」 「ほら見てよ、この棚全部タモさんよ」 「

続きを見る

マーチン・ファン クレフェルト 佐藤 佐三郎 (翻訳) 補給戦―何が勝敗を決定するのか 中公文庫BIBLIO

兵站を本格的に考察した書籍で日本語で読めるものはほとんどありません。 防衛研究所の石津さんは本著のあとがきで、そういう本はこれとあと1冊くらいしかないとおっしゃっています。 そんな数少ない1冊で

続きを見る

オーストラリアの仮想敵国

オーストラリアは伝統的に仮想敵を「北から来る」としています。これは公式の言い方で、本音はインドネシアを制する者が潜在的脅威になるということでしょう。 東チモールの独立にもオーストラリアは積極的に

続きを見る

靖国神社のこと

靖国神社[/caption]From:ヨーソロ これからの方々が靖国神社が嫌なら、千鳥が淵でも新しい施設でも本人や遺族の希望するところへお祭りすれば良いでしょう。 しかし、既に靖国神社に

続きを見る

非対称宗教戦争

サラディン(Wikipediaより)[/caption]From:ヨーソロ 米国は対イラク戦に勝ちましたが、世界の対米テロは一層激しくなるでしょうね。 彼等は「アルカイダという狂信団体と

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑