*

「 おすすめの軍事本・書籍 」 一覧

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評

戦略漫遊記 ──『インド洋圏が,世界を動かす』書評 『インド洋圏が、世界を動かす: モンスーンが結ぶ躍進国家群はどこへ向かうのか』 Robert D. Kaplan 著 本体価格

続きを見る

知ってましたか?大東亞戦争は昭和50年4月30日に終結したことを・・・

先の大戦での「アジア各地における状況」を比較分析するなかで、大東亜戦争とはいったい何だったか?を明らかにする。太平洋戦争と大東亜戦争の違いを浮き彫りにし、わが国に誇りを取り戻す本  大東

続きを見る

少し憂鬱になります(一読者)

「秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争」を読んでみました。 取り急ぎの感想は以下の通り。少し憂鬱になります。 (1)米国政治家&軍は学習能力が低い。 ベトナム戦

続きを見る

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

こんにちは。エンリケです。 木曜日にお届けしている短期連載の著者、菅原出さんの新刊 「秘密戦争の司令官オバマ 」 は、一期目のオバマ政権が行った「軍事戦略」「秘密諜報活

続きを見る

まんがで読む 古事記 第4巻 久松文雄 青林堂

壮大かつ雄大、それでいて複雑極まりない『古事記』というものがたりを、筋をしっかりふまえたうえで、マ

続きを見る

石川明人『戦争は人間的な営みである 戦争文化試論』を推薦します(長南政義)

http://okigunnji.com/1tan/lc/ishikawa1403.html 石川明人「戦争は人間的な営みである」[/caption]石川明人『戦争は人間的な営みである 戦争文化試論』

続きを見る

野口健さんも推薦!

アルピニスト・野口健さん。 アルピニストとしての実力はもちろん、メディアを通じた影響力を持つ方には珍しく、日本人として当たり前のことを発言し、実践されている方でもあります。 こ

続きを見る

『戦争は人間的な営みである ~戦争文化試論~』 を読みたい人はほかにいませんか?

石川明人さんの新刊『戦争は人間的な営みである~戦争文化試論~』。 <日本人は、良い意味で、変わってきたなと喜んでいます。> <何時もお世話になります。「秋の夜長」に恰好な読

続きを見る

東京で地熱発電 清水政彦 並木書房

<本著最大の特徴は文理融合とも言うべき幅広い視点と柔軟な姿勢にある。 しかも、あくまでも未来に対して前向きである。それゆえに読者を飽き させない。これは地熱や技術の専門家が

続きを見る

佐藤守 自衛隊の「犯罪」 雫石事件の真相!青林堂

本著の版元・青林堂の社長さんは著者の申し出に対し、 <空自の汚名を晴らしましょう> と出版を快く引き受けたそうです。 取締役さんは <字数にこだわらず、思いのたけを書い

続きを見る

自衛隊「影の部隊」情報戦秘録 松本重夫 アスペクト

<わが国が敗戦に至った理由のひとつは、 国家全てが情報理論の重要さを軽視したことにある>  帝国陸軍の兵団参謀として終戦を迎え、陸自調査隊の創設に 深く関わった男が人生の最期に書き残した「知

続きを見る

坂の上の雲 5つの疑問

わが国最大の軍事サイト「軍事板常見問題」の管理人・消印所沢さんから 書評を頂きましたので紹介します。 木曜日の連載 「朝鮮戦争における「情報の失敗」 ~1950年11月、国連軍の

続きを見る

竹本三保 「任務完了」 並木書房

「どんなに苦しくても、どんなに腹が立っても、 笑顔でいなければ、自分も周りの人たちも決して幸せにはなれない」 こんにちは。エンリケです。 海自女性将校の草分けで、退役後は大阪で高

続きを見る

戸島国雄 「似顔絵捜査官001号」

「おい、お前。いつも俺たちの後ろに立っているけど、後ろに立たれると描きにくいんだよ。ジャマだ。どこかほかに行ってくれ!」 「すみません。俺も似顔絵が大好きで、ここで絵の勉強をしたい。そう

続きを見る

戸島国雄 「タイに渡った鑑識捜査官」

タイと縁が生まれるきっかけは、妻を亡くしたことだった・・・ かけがえのない最愛の妻を亡くし、来る日も来る日も誰もいない暗いわが家に帰る。 部屋に漂う線香の香りは、妻が亡くなったことを切

続きを見る

荒木肇編著 『東日本大震災と自衛隊 自衛隊は、なぜ頑張れたか?』

★東日本大震災に出動したわが自衛隊の生の姿 ★被災地で活動した陸上自衛官400人の声声声! ★自衛隊提供のカラー写真が、1ページ約2点で約130枚収録! 『東日本大震災と自衛隊 自衛隊は、な

続きを見る

情報活動のテキスト秀作3冊

 震災での自衛隊の活躍によって、国民の軍隊忌避の空気はだいぶ変わってきている様だ。 一方、ここ数年は出版書籍を中心として、所謂「インテリジェンス」ブームだ。 国民の情報活動に関する理解は進

続きを見る

『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』

本の紹介はこちらです 先行予約受付は終了しました。 ★日本が世界に誇るべき武士道精神のルーツ『闘戦経』 ★900年の時を経て蘇る純日本の兵法書の全訳! ★ただ勝てば良いとする「孫子」をはじめとする

続きを見る

渡部由輝 『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』

『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』 (渡部由輝著) ・四六判並製 ・244ページ ・定価1680円(税込) □著者略歴 渡部由輝(わたなべ よしき)

続きを見る

【~5/23】数学者が見た 二本松戦争ー武士道の真髄を尽くした戦いー

『数学者が見た 二本松戦争─武士道の精髄を尽くした戦い─』(渡部由輝著) ・四六判並製・244ページ ・定価1680円(税込) ・5月25日発送予定  (5月末にはお手元にメール便で届きます。なお書

続きを見る

ロナルド・ケスラー:シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~

『シークレットサービス ~大統領警護の舞台裏~』 著:ロナルド・ケスラー 訳:吉本晋一郎 発行:並木書房 発行日:2010/8/5 http://tinyurl.com/2agw6b5 本著最大の特徴

続きを見る

荒木肇:日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~

『日本人はどのようにして軍隊をつくったのか ~安全保障と技術の近代史~』 著:荒木肇 発行:出窓社 発行日:2010/7/14 http://tinyurl.com/2f3vx3s 本著を通じてあなた

続きを見る

普天間の謎  基地返還問題 迷走15年の総て

『普天間の謎  基地返還問題 迷走15年の総て』 著者:森本敏 発行:海竜社 発行日:2010/7/17 http://tinyurl.com/2a4my5m ■証明された「

続きを見る

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』

『世界がさばく東京裁判 ~85人の外国人識者が語る連合国批判』 監修:佐藤和男(青山学院大学名誉教授・法学博士) 発行:明成社 発行日:2005年8月 http://tinyurl.com/2g5h

続きを見る

『「太平洋戦争」こう戦えば・・・ ~Ifの太平洋戦史~』

『「太平洋戦争」こう戦えば・・・ ~Ifの太平洋戦史~』 著者:三野正洋 発行:WAC出版 発行日:2010/6/30 http://tinyurl.com/25tj6y4 内容をざっくり言えば、

続きを見る

米国国家情報会議(編)北村愛子・北村淳(訳):グローバル・トレンド2025 ~変貌する世界~

『グローバル・トレンド2025 ~変貌する世界~』 米国国家情報会議(編) 北村愛子・北村淳(訳) 並木書房 平成22年5月5日発行 http://tinyurl.com/25ash5h 米国とい

続きを見る

飯田 たけし:海軍特別救助隊 ー 戦艦「陸奥」救済作戦 ー

『海軍特別救助隊 ー 戦艦「陸奥」救済作戦 ー 』 著者:飯田 たけし 発行:元就出版社 発行日:2010/2 http://tinyurl.com/ybegwpz --------------

続きを見る

三代憲良:戦いの論理と競争の論理 -企業と国家のニューパラダイム-

『戦いの論理と競争の論理 -企業と国家のニューパラダイム- 』 著者:三代憲良 発行:芙蓉書房出版 発行日 2009/8/20 http://tinyurl.com/y8mpcqu 今回ご紹介する本

続きを見る

杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』

■司馬史観に物申す 本著は、神器、武器の二律背反を兼ね備えた日本刀という武器と、そのことをわきまえて生きた武士のすがたを通じて「わがサムライ」の生き様を描き出す試みです。 語り部には、新撰組の土方歳三

続きを見る

杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 特典付先行販売 締め切りは7/3

杉山穎男さんの新刊が、いよいよ出版されます! 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 (四六判204ページ・並製・定価1575円・7月15日発売) いまなら、杉山さんの花押が入った本、送料無料、

続きを見る

【終了】 杉山穎男 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 特典付先行販売 締め切りは7/3

杉山穎男さんの新刊が、いよいよ出版されます! 『サムライと日本刀─土方歳三からの言伝て─』 (四六判204ページ・並製・定価1575円・7月15日発売) いまなら、杉山さんの花押が入った本、送料無料、

続きを見る

金子貴一 『秘境添乗員』 (アリーマ山口)

金子貴一クンの新刊が出たのでご紹介したい。 新刊は『秘境添乗員』という。 文芸春秋社の『本の話』というPR誌に2年3カ月連載されたものに、大幅加筆修正を加えたものだ。 彼とのお付き合いはエジプト以来で

続きを見る

『坂井三郎の零戦操縦(増補版)~真剣勝負に待ったなし~』 世良光弘

この本で一番目を引くのは、表紙と裏表紙にある人物写真です。 表紙には、帝国海軍の高高度飛行用電熱服を身にまとい、腕組みをしてカメラを見据える若き戦闘機乗り。 裏表紙には、白いタートルネックセーターを着

続きを見る

『自衛隊風雲録』 田母神俊雄

<「何故あなたは、テレビ朝日の報道を信じ、私たちが何ヶ月もかけて 縷々説明してきたことを信じないのか」と訊いた。 すると「空自の最初の対応がまずかったから問題が大きくなった」と言う。> (P223)

続きを見る

『国防論』 田母神俊雄・松島悠佐・川村純彦・勝谷誠彦

一言で言えば本著が伝えたいのは、 「軍人は右でも左でもない。ひたすら国防のために邁進する存在だ。それを理解しようともせず、 戦争そのものを忌避し、ひたすら軍事に無知でありつづけ、自衛隊を不当に貶め、国

続きを見る

田母神俊雄 『田母神塾 これが誇りある日本の教科書だ』

------------------------------------- ■「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」 立ち上げシンポジウム開催! ネットワークの代表・仲村覚さんは、

続きを見る

『ゼロ戦の秘密』

■第1章は、零戦の実戦記録です。 操縦士たちの「戦闘機乗り魂」が余すところなく表現されており、実に面白い ですね。宇垣纏中将の特攻出撃で終わるこの章は、零戦・空戦方面から描いた 「コンパクト大東亜戦史

続きを見る

本の紹介

■『【新訳】名将言行録』 兵頭二十八 PHP 2008/10発行 戦国武将の選りすぐりの言行をまとめた『名将言行録』岡谷繁実(原著)の 兵頭版注訳。 特徴は原著にあるすべての項目を取り上げ、新書一冊に

続きを見る

飯田耕治 『改訂 軍事OR入門』

『改訂 軍事OR入門』 飯田耕治 三恵社 2008/9発行 著者は元将校。 軍事意思決定に不可欠な知識である「軍事OR(オペレーティング・リサーチ)」の歴史的背景、主要理論を説明した実務入門書。 内容

続きを見る

総監修 佐久間一 『武力戦の諸相』

『武力戦の諸相』 総監修 佐久間一 内外出版 2008/6発行 わが自衛隊将校が集結してまとめあげた、今を生きる国民のための陸海空軍事教科書。 陸戦を安村勇徳元陸将、海戦を金田秀昭元海将、空戦を大串康

続きを見る

斎藤吉久 『天皇の祈りはなぜ簡略化されたか –宮中祭祀の危機–』

―――――――――――――――――――――――――――――――― エンリケです。 十二月にWACさんが行なった田母神退役空将講演会の模様がDVDで ご覧いただけます。今日書店で当該DVDが売られている

続きを見る

渡部昇一・田母神俊雄 『日本は「侵略国家」ではない!』

田母神さんの最新刊 『日本は「侵略国家」ではない!』 著者:渡部昇一・田母神俊雄 発行:海竜社 発行日:2008/12/29 http://tinyurl.com/76ac7m は現在全国書店で発売

続きを見る

田母神俊雄 『自らの身は顧みず』

前空幕長田母神さんの手になる本が出版されました! 一言で言えば、「田母神問題」の本質は正しく伝えられていない。 ということです。 そのことを正確に把握するために必要な情報がぎっしり詰まっているのが本

続きを見る

隷属国家日本の岐路~今度は中国の天領になるのか?

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 軍事情報  (本の紹介)                11,421部                             

続きを見る

平和の地政学 ~アメリカ世界戦略の原点~

■地政学への反感 わが国には、地政学という名前に生理的に反感を持つ学者やエリートが多いよ うです。 これはドイツのハウスホーファーの悪名と対日弱体化工作の相乗作用がかなり 影響しているようですが、あつ

続きを見る

平和の地政学 ~アメリカ世界戦略の原点~

■地政学への反感 わが国には、地政学という名前に生理的に反感を持つ学者やエリートが多いよ うです。 これはドイツのハウスホーファーの悪名と対日弱体化工作の相乗作用がかなり 影響しているようですが、あつ

続きを見る

北京五輪後 中国はどうなる?

■腹立たしい限りです。 なんでわが権益を手離すのでしょうか? 金を払えばうまくいく。 一歩譲れば相手もこちらを慮ってくれる。 典型的な平和ボケです。 政治と経済はまったく別次元のはなしです。 政治問題

続きを見る

北京五輪後 中国はどうなる?

■腹立たしい限りです。 なんでわが権益を手離すのでしょうか? 金を払えばうまくいく。 一歩譲れば相手もこちらを慮ってくれる。 典型的な平和ボケです。 政治と経済はまったく別次元のはなしです。 政治

続きを見る

加藤大尉の英語ブートキャンプ 軍隊式英会話

入隊の条件は「何が何でも英語でコミュニケーションしたい!」という熱意のみです! 「英語ブートキャンプ」の訓練状況にどっぷり浸かり、その場にいるつもりで会話 してください。さまざまな軍隊生活を体験しなが

続きを見る

オンライン映像版「英語ブートキャンプ」(元米陸軍大尉 加藤喬)

メールマガジン『元米陸軍大尉が教える 軍隊式英会話術』の著者、元米陸軍 大尉加藤喬さんの最新刊「加藤大尉の英語ブートキャンプ」(6/15発売予定)のオンライン映像 バージョンです。 加藤さんは1957

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑