*

「 自衛隊ニュース 」 一覧

自衛隊ニュース

こんにちは、エンリケです。 さあ、きょうも【自衛隊ニュース】をお楽しみください。 -----------------------------------------------------

続きを見る

[141217 陸幕] 平成26年度米国における米海兵隊との実動訓練の概要について など

 平成26年度米国における米海兵隊との実動訓練の概要について http://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2014/pdf/20141217_26IF.pdf 陸

続きを見る

富士駐屯地開設60周年記念行事2014.7.6

自衛隊-富士駐屯地開設60周年記念行事2014.7.6(その1)観閲行進 自衛隊-富士駐屯地開設60周年記念行事2014.7.6(その2)音楽隊演奏 自衛隊-富士駐屯地開設60

続きを見る

平成25年版 防衛白書

平成25年版 防衛白書は、ネット上でも読めます。 PDF版もありますが、読むだけならこちらで十分で、扱いやすいとも思います。 ↓ http://www.mod.go.jp/j/publi

続きを見る

SDFアワー 15旅団の美ら島とともに

陸自15旅団長がMCの一人を務める、現在沖縄で放映中の話題のラジオ番組。 FMラジオなので他地域では聞こえません。 放映時間だけ書いておきますね。 放送局 : FM21 (76.

続きを見る

【きょうからです】 ドラマ「空飛ぶ広報室」 TBS系列 2100~ 航空自衛隊広報が舞台

有川浩さん著 『空飛ぶ広報室』は、わが空自広報が舞台のドラマで、テレビ化決定については先日お伝えしたところです。 出演者は以下のとおりです。 新垣結衣さん、綾野剛さん、水野美紀さん、要

続きを見る

破壊措置準備命令発令

森本防衛大臣は121201、北鮮のミサイル発射予告に対し、弾道ミサイル等に対する破壊措置等の準備に関する一般命令を発出した。 以下は、121201に発表された森本防衛大臣の記者会見概要です。

続きを見る

軍事情報 (自衛隊ニュース)

━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★  軍事情報 (自衛隊ニュース)              11,753部 平成20年(2008年)11月4日 ┏【目次】────

続きを見る

軍事情報 第335号 (自衛隊ニュース)

軍事情報 第335号 (自衛隊ニュース)は、二〇〇八年三月十八日(火)〇八〇〇に配信されました。 ━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★  軍事情報 第33

続きを見る

軍事情報 第334号(自衛隊ニュース)

軍事情報 第334号(自衛隊ニュース)は、2008年3月11日0800に配信されました。 ━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★  軍事情報 第334号 (自衛隊ニ

続きを見る

軍事情報 第333号(自衛隊ニュース)

軍事情報 第333号(自衛隊ニュース)は、2008年3月4日0800に配信されました。 ━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★ 軍事情報 第333号 (自衛隊ニュー

続きを見る

Plug and Play

きりしま[/caption]米海軍のHPに以下のような記事がありました。 『「ステザム」と「日本海軍」、空母「リンカーン」と初顔合わせ』 【概略】 ・3月26日、米空母「エイブラハム・

続きを見る

愚直を以て良しとする

基地隊門や艦艇舷門等の立直勤務は愚直を以て良しとします。     昔々、海将補の某艦艇部隊指揮官がウッカリ身分証明書を持たぬまま公用車で上陸し、帰りは徒歩で艦艇基地の隊門を通ろうとして警衛立直中

続きを見る

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ購読・解除




 



「日の丸父さん」(1)


「日の丸父さん」(2)

メルマガ「軍事情報」の登録はこちらで(無料)

メールマガジン「軍事情報」は二〇〇〇年十月に創刊されました。軍事カテゴ

時系列【180809現在】尖閣周辺海域等における中共公船・海空軍の動きなど

170101 接水。4隻。1隻に機関砲。 170102 接水。8隻。

1/72 ロッキード マーチン F-35A ライトニングII

a8adscript('body').showAd({"req": {

帝国海軍駆逐艦「雪風」

a8adscript('body').showAd({"req": {

10式戦車

a8adscript('body').showAd({"req": {

市川文一『猫でもわかる防衛論』

ふざけた題名ですが、舐めてかかると痛い目に合います。 この本は、

→もっと見る

  • あわせて読みたい
PAGE TOP ↑