左翼リベラル思想!?

おすすめの軍事本・書籍

左翼とリベラルはもともとまったく違う概念ですが、
しかしわが国では、その2つを合体させた「左翼リベラル思想」
というべきものが生まれています。
冷戦崩壊後、死に絶えたはずの左翼が、
いまだ生き続けている理由がそれです。
そんな「左翼リベラル思想」とはどういうものか?
のすべてがわかる本があるとしたらどうでしょう?
左翼リベラル思想に冒されていた民主党という政党。
彼らの歴史を、誕生から、政権についていた
3年3か月間を含めて振り返り、左翼リベラル思想に
冒された人間は一体何をやるのか?を生々しく振り返る
内容です。
わが国を内側から滅ぼすウイルス「左翼リベラル思想」に
冒された人間にはどういう症状が顕れるのか?がわかるので、
わが国を内側から滅ぼす「左翼リベラル思想」に
どう接したらいいか?をはじめ、必要なワクチン等を
作る素材になります。
民主党政権誕生に顕れたわが国における
「左翼リベラル思想」大発生(パンデミック)
の原因が、「戦後日本の民主主義」にあった理由も事細かに
記されています。
わが国に巣食う「左翼リベラル思想」の実像をあぶり出し、
その原因を突き止めるなかで、いかにこのウイルスに対処
するか?の素材を幅広く提供する愛国者の実務書といえる
本です。
日本の自立のために必要な「対左翼リベラル思想ワクチン」
を自分の中に植え付けるためには絶対に必要な書です。
ですから、あなたにお伝えしようと思いました。
山村明義
『民主党政権─恐怖と悪夢の3年3か月』
いますぐ行動されることを強くおすすめします。
こちらをクリックしてください。
左翼リベラル思想に騙されない自立した日本人の第一歩へようこそ

http://okigunnji.com/1tan/lc/4792604702.html

コメント

RSS
タイトルとURLをコピーしました