軍事情報トップ  »  本の紹介  »  オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論

オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

『オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論』
日本経済新聞社
松村 劭
発売日: 2006-02 


帯にある「米陸軍指揮参謀大学の講義内容を初めて紹介」という言葉は伊達で
はありません。
いかに情報を集めるか、いかに情報を整理するか、いかに情報を吟味するか、
いかに情報を判断するか、いかに意思決定に寄与させるか・・・など具体的手
順と実践ノウハウがぎっしり詰まったこの本は、情報活動の実務書です。

特に部下を持つ方々にオススメします。

以下、目次をご紹介します。

第1章 情報活動は「知恵の戦い」である
 1 知識の玉石を区分する
    知識と情報の違い
    情報資料は処理されていない知識
    軍事用語と経営用語
 2 情報化時代の問題点
    情報・情報資料をどう取り扱うか
    インターネットは「状況伝達」を目的にしている
    欲しい情報は簡単には入手できない
    情報資料の穴を見抜け
    情報は操作される
    情報伝達を複雑にする
 3 情報活動はサイクル活動である
    事例1 父親が購入する車の情報を集める
    何を判断して、何を決断するのか
 4 情報活動の要則
    周到な準備
    事例2 1921年から対日戦争の準備をしていた米軍情報部
    タイムリーでなければ
    事例3 ロンメルが偽戦車を見抜けた理由
    継続的な定点観測
    事例4 電報傍受でわかった中ソ緊張
    事例5 缶詰と医薬品会社の株価で作戦開始を推定
    冷めた眼力
第2章 どんな情報を欲しいかを決める
 情報の要求
 1 何を要求するか
    「敵」「味方」「戦場」
    得意技を基準に
 2 情報収集計画の作成
    兆候表を作成する
    収集任務を配分する
    収集命令
    事例6 情報収集の穴が空いたミッドウェイ海戦
    事例7 的を絞って北朝鮮軍の実行能力を判定
第3章 五感を駆使し集める
 情報資料の収集
 1 資料源を開拓する
    様々な資料源
    記録・伝達できない知識
    事例8 インディアン兵士が気づいた「敵」の臭い
    事例9 数値化不能の戦場もある
    事例10 ロンメルの戦局眼
 2 資料を収集する
    情報収集を他国に依存しない
    状況の四分の三は霧の中
    収集の三つの手段・方法
    事例11 ドイツ勝利を信じきっていた大本営
    公開情報からスタート
    捜索と偵察、監視と追跡
    事例12 逃げた猿の捜し方
    事例13 定点観測でソ連侵攻を察知
    事例14 初代万景峰号を視察
    識別と標定
    暗号解読
    事例15 引き出せなかったマルコス闇資金
    類推する情報資料ー影と波紋
    収集活動の評価
    事例16 大量の棺桶製造でわかったヒトラーのソ連侵攻
    事例17 戦史研究でわかったイラン・イラク戦争の長期化
 3 報告・通報・警報の注意点
第4章 信頼性・正確性の評価をする
 情報資料の処理
 1 認識はすべて経験をもって始まる
    頭脳という工場
    情報資料処理の手順
 2 資料処理は二段階ある
    一時処理ー受付と選別
    二次処理ー信頼性と正確性の格付け
 3 情報を作成する
    修正して一品料理を作る
    情報見積を作る
第5章 「伝達の壁」を超える
 情報の使用
 1「伝達の壁」
    情報は情報を使う能力のある人に伝える
    民主主義と情報処理の能力
    タイミング良く
    事例18 上司交替で情報伝達を失敗
    「まさか!」の坂は本当の坂
    事例19 フォークランド紛争は予知できていた
    事例20 ガダルカナルへの米軍上陸を軽んじた大本営
    事例21 情報参謀の報告を無視して失敗した米軍
 2 作戦会議
    作戦と情報の吻合
    作戦指導の基本姿勢
 3 情報をブリーフィングする
    結論と根拠を示す
    事例22 ブリーフィングがうまくいったよど号ハイジャック対策本部
    ブリーフィングはキャッチボール
 4 その他の情報使用
    会議の主導権を握る
    情報の交換は判断力の交換
    事例23 態度が一変した米太平洋軍
    観測気球を揚げる
    事例24 ドイツ群の観測気球に騙された英軍
    宣伝と世論操作
第6章 情報活動の組織
 1 目のない動物は歩けない
    IT化は現場から
    駐在武官、観戦武官、留学生の役割
    事例25 インド留学時の情報収集
    事例26 海外駐在の落とし穴
    事例27 韓国情報筋との接触
 2 情報活動の保全
    情報保全の原則
    対テロ戦は情報戦である
終章 世界の見方・考え方の原則
    性悪説と性善説の間
    「地政学」で見る
    「政権体質」で見る
    「現状維持と打破」で見る
あとがき

『オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論』
日本経済新聞社
松村 劭
発売日: 2006-02 

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年4月17日 19:47
オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オペレーショナル・インテリジェンス―意思決定のための作戦情報理論

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/489



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する