軍事情報トップ  »  本の紹介  »  『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援(追伸つき)

『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援(追伸つき)

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

メルマガ軍事情報が2日に1回ひそかに使っているシステム
コンビーズメール http://www.combzmail.jp/index.php?afid=d4qgh1jr
━━☆☆☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 軍事情報  (復刊支援)                 11,572部
                      平成20年(2008年)3月19日
┏【目次】─────────────────────────────☆
┃  ☆『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援
┃  ■軍事・国防関連図書の製作・流通に関わっておられるあなたへ
┃  ■広告に関するご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆


――――――――――――――――――――――――――――――――
取材・インタビュー・原稿作成・webコンテンツ用テキスト文作成・自費出版の
原稿作成支援およびアドバイス・その他《書く》ことに附帯する一切の業務に
ついて執筆活動を展開しております。     ライター・平藤清刀
E-mail hirafuji@mbr.nifty.com 
WEB http://homepage2.nifty.com/hirayan/
――――――――――――――――――――――――――――――――
年間三十日の訓練に出頭する、即応予備自衛官でもいらっしゃいます。
ライター経験はすでに十六年を超え、雑誌「サピオ」への寄稿やご著作
『予備自衛官になる本』、弊メルマガ連載『ひらやんのブツクサ独り言』
など、さまざまな媒体での実績をお持ちです。
文章作りでお困りのあなた、迫力と簡潔さとわかりやすさを表現してくれる
「即自プロライター」に、伝えたいことを委ねてみてはいかがでしょうか?
平藤さんは、私エンリケがもっとも信頼するプロライターです。
(エンリケ)


こんにちは!!
エンリケ航海王子です。

(エンリケ航海王子)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
◎◎◎ 復刊支援 ◎◎◎
----------------------------------------------------------------------☆

図書館で見る本と、自分の手元にある本では、非常に不思議なことですが、その持つ
価値がぜんぜん違います。
これは渡部昇一先生やその他多くの方も指摘されていることです。

本は身銭を切って手に入れ、私有財産として持ってこそ本当の価値を帯びる。
わたしも、経験上それは事実だと感じています。

しかしながら、

役に立つ。
ためになる。
ぜひ読んで欲しい。

そういう本に限って、絶版になって手に入らないことが多いものです。
おかしなものですよね。

畠山清行さんの「秘録・陸軍中野学校」(全六巻)もそんな本です。
少し前に一部だけ復刊されましたが、原著を知る者としてはなんとももの足りません。

ほかにも、
「ラインハルト・ゲーレン回顧録 諜報と工作」とか
「マンシュタイン回顧録」、
「戦史叢書」なんてのも復刊して欲しいと常々思っている本です。

さて、以下で紹介する本は、対シナ交渉に関する古典とされ、私も復刊して欲しいと
思っています。コメントにもありますとおり、あちこちの文献で引用されています。

なんで絶版なんだろう?不思議です。

いつもお世話になっている
シナ在住の「WEB熱線 アジアの街角から」発行人・OJINさんも、
強く推薦されてました。

┌──────────「中国人の交渉術」

ニクソン=キッシンジャーによる米国の対中国関係正常化からはじまる中国
の対米外交を分析することにより、中国の外交交渉のパターンを研究した本。
もともとはランド研究所によって、米国の対中国外交に当たる外交官、政府
関係者に向けて書かれた。
中国にいいようにあしらわれている日本の政治家、政府関係者を始め、一般
国民にも読まれるべき書である。

┌--------「栗平さん」

中国における反日暴動は、これまでの贖罪意識に捕らえられた日本の対中国
外交を見直す機会となった。感情的に反発するのでもなく、情緒的に友好を
唱えるのでもなく、冷徹に日本の生き残りをかけた21世紀の対中国外交を
考えるために有益な本。
中国の対米交渉のプロセスを分析することで、中国外交の行動様式を研究し
た内容となっている。現在絶版になっているため、原著を読んだが、広く読
まれるために復刊を望む。
└--------
┌--------「椎木坂の住人さん」

中国の異様な考え方及び行動を感じるのは私だけではあるまい。
産経新聞(2005/08/01)「論説委員室から・一筆多論」において論説委員は、
政治駆け引きや交渉技術にかけては世界一うまい国と、その意味では世界一
下手な国との二国間関係であると言い切っている。

さらに『中国人の交渉術』なる本は、いまもその価値を失っていない、日本
の政治家、外交官、経済人にはこの夏、再度熟読して欲しい本であると結ん
でいる。
ここまで言い切っているのだから、(未来の)読者を裏切らないように、早く
復刊して欲しい。

実は、省略するが"あちらこちらの文献"で引用記載を見かける。熱意・時
期を考えるならば、日本を想うならば、是非とも行動を働きかけて欲しいも
のである。
└--------
└──────────
┌──────────

「復刊ドットコム」は応援ポイントで復刊が決まります。

1.投票するための無料ユーザー登録をして、
https://www.fukkan.com/fk/UserRegist

2.次に、このページ ▼ から投票して下さい。
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=30079

└──────────


役に立つ使える本ですよ。
これからはじまる東アジア情勢流動化に備え、
ぜひあなたのお手元にもおいて頂きたいですね。

あなたの頭脳に、これまでにないあらたなスペースが生まれるかもしれません。

ちなみにランド研究所は米有数の国家規模の民間シンクタンクで、
国際的にも極めて評価が高い機関です。
軍との関わりが深いことで知られます。


繰り返しになりますが、

「中国人の交渉術」 産経新聞外信部 文藝春秋
復刊協力

をいただく方法は以下のとおりです。

1.投票するための無料ユーザー登録をして、
https://www.fukkan.com/fk/UserRegist

2.次に、このページ ▼ から投票して下さい。
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=30079

これだけです。
すでに登録済みの方は、2.のURLを直クリックしてください。
そこでメルアドとパスワードを入力するだけです。

私のコメントもありますので、ぜひご一読ください。


(エンリケ航海王子)

--------------------------------------------------------------
■軍事・国防関連図書の製作・流通に関わっておられるあなたへ

私エンリケは、本を文化文明の中核にあるとても大切なものと考えています。
ですので、本作り・流通に関わっている方々を心から尊敬しています。

なかでも本屋さんは、わが国の本文化を支えるコミュニティの拠点と思って
おり、町から本屋が消えていく昨今の状況はとても悲しいです。

出版社さんはもちろん、われわれにとって最も身近な本屋さんにも元気に
なっていただきたい。そのためにできることがあれば何なりと協力したいと
考えています。

ここで紹介した「本の紹介」を販売現場でPOPを使って活用するなど、
軍事・国防に関する図書の拡販に協力できることがあれば、何でも協力いたし
ます。

どんなことでもいいです。
関心がある関係者の方は、ご遠慮なくこのメールへの返信でお問合せください。

(追伸)
軍学者の兵頭二十八さんも、ご自身のブログのなかで私の言葉に共感くださ
っています。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2008/02/#a000854
-----------------------------------------------------------------------
今年も大ブレイク予定♪ 北野幸伯さんのメルマガです。
「RPEジャーナル」は、硬派な話題を軟派に解説するという新しいメディアスタ
イルを作りました。
詳しくは⇒ http://www.mag2.com/m/0000012950.html
-----------------------------------------------------------------------
天皇・皇室をあなたにわかりやすく話し掛けてくれる専門家・斎藤吉久さんの
メルマガです。
詳しくは⇒ http://www.melma.com/backnumber_170937/
-----------------------------------------------------------------------
シナ庶民の生活・意識の変化を先取りできるメルマガです。シナ在住のOJI
Nさんが週に三回届けてくれます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000074019.html
-----------------------------------------------------------------------
■広告に関するご案内

弊マガジンに広告を掲載したい方は、
マグ広告ドットコム
http://www.1magkoukoku.com/a/infogold.html
よりお申し込みください。

その際、
広告掲載申し込みフォームの備考欄に
「メールマガジン「軍事情報」への掲載希望」
とお書き下されば、マグ広告ドットコムさんから当方に、優先的に掲載依頼が
通知されることになってます。


今号の配信部数:11,572
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」

☆ 編集・発行人:エンリケ航海王子(おきらく軍事研究会)
☆ メルマガ紹介(まぐまぐ):< http://www.mag2.com/m/0000049253.html >

※ご意見等を投書されたい方は、本メールに返信する形で投書下されば、担当
者によるセキュリティ等のチェックを行ってから数日後に、編集部に転送され
る形となっております。

※弊マガジンへのご意見、投稿は、投稿者氏名等の個人情報を伏せたうえで、
メルマガ誌上及びメールマガジン「軍事情報」が主催運営するインターネット
上のサービス(携帯サイトを含む)で紹介させて頂くことがございます。
あらかじめご了承ください。

※投稿文の著作権は各投稿者に帰属します。その他すべての文章・記事の
著作権はメールマガジン「軍事情報」発行人に帰属します。

────────────────────────────────
■購読・解除は、ご自身でお願いいたします。こちらから出来ます。
まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000049253.html
────────────────────────────────
メールマガジン「軍事情報」は
最新軍事情報(毎週月)、自衛隊ニュース(毎週火)
別冊「中東ぶらぶら回想記」(ほぼ隔週木)、本の紹介(ほぼ毎週金)
の定番マガジンと、その他随時に記事を配信しています。
────────────────────────────────
最後まで読んでくださったあなたに、心から感謝しています。
マガジン作りにご協力いただいた各位に、心から感謝しています。
そして、メルマガを作る機会を与えてくれた祖国に、心から感謝しています。

Copyright (C) 2000-2008 GUNJIJOHO All rights reserved.


【追伸 080320 00:47】

先ほど読者さんから以下のような情報を頂きました。
ご参考までに。

お求めはこちらからできます。

「全く言う人がいないので不思議なのですが、
絶版になっている"中国人の交渉術"の原著については、意外なことに
Amazonで簡単に手に入ります。
Chinese Negotiating Behavior: Pursuing Interests Through "Old Friends
著者: Richard H. Solomonとしてペーパーバックが売られてます。

また、同じく絶版になっているアレン・ダレスの諜報の技術ですが、これも
The Craft of Intelligence: America's Legendary Spy Master On The Fundamentals
Of Intelligence Gathering For a Free World
著者: Allen Welsh Dullesとしてペーパーバックが売られてます。

専門柄(化学系)英語を読むのに全くアレルギーが無いので(文献というものは英語でしか
書かれてません)、普通に辞書片手に読んでます。

御存じかとは思いますが、紹介されてないので、紹介されたらと思い
連絡させてもらいました。

それでは、簡単にですが、これにて失礼させてもらいます。」

(T)

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年3月19日 20:00
『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援(追伸つき)の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『中国人の交渉術』 産経新聞外信部 文藝春秋 の復刊支援(追伸つき)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/260



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する