軍事情報トップ  »  本の紹介  »  21世紀のエア・パワー

21世紀のエア・パワー

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

『21世紀のエア・パワー―日本の安
全保障を考える』

石津 朋之 (著), ウィリアムソン マーレー (著), Williamson Murray (原著)
 芙蓉書房出版 (2006/10)

⇒エア・パワー発展の歴史から日本の安全保障に与えてきた影響、21世紀にお
けるエア・パワーの役割と日本の国家戦略までグローバルな視点で多角的に分
析した論文集。

ウィリアムソン・マーレーは戦史家で、RMA(革命的軍事改革)の世界的権威
として高名です。多くの著作・論文を発表しています。石津さんは、軍事理論
や思想に関するわが国最大の研究者の一人です。こちらも、多くの著作・論文
を発表されています。

RMAに関する本

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石津 朋之
防衛庁防衛研究所企画室研究調整官(兼)戦史部第1戦史研究室主任研究官。獨
協大学およびロンドン大学教養課程(ICC)卒業、ロンドン大学SOAS大学院修了
(修士)、同KCL大学院修了(修士)。ロンドン大学LSE博士課程中退、オックスフ
ォード大学大学院研究科修了。ロンドン大学KCL名誉客員研究員。防衛研究所
助手を経て、2000年から現職

著作

ウィリアムソン・マーレー
オハイオ州立大学名誉教授、米海軍大学校客員教授。エール大学卒業、空軍士
官として東南アジアに従軍した後、同大学院博士課程修了(Ph.D.)。エール大
学歴史学部助教授を経て、1995年までオハイオ州立大学歴史学部教授。
その間、ロンドン大学LSE客員教授、米海兵隊大学校教授、米陸軍大学校教授
などを歴任。2005年10月まで米防衛分析研究所(IDA)研究員。

著作 [和書]
   [洋書]

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年10月23日 18:59
21世紀のエア・パワーの関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 21世紀のエア・パワー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/477



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する