軍事情報トップ  »  インテリジェンス  »  サウジがバチカンに急接近

サウジがバチカンに急接近

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

複数の情報を総合しますと以下のとおりです。

1.アブドラ国王は三月二十五日、国営メディアを通じ、異教徒間の緊張緩和
に向け、イスラム、キリスト、ユダヤの三宗教代表による宥和会議の開催を提
唱した。

1.駐カタールバチカン大使は三月中旬、サウジとバチカンが二月頃から交渉
を始めていると述べた

1.サウジ国王が異教徒間の対話を促すのは極めて異例のことである。

1.サウジのアブドラ国王は、異教徒間の対話促進を通じて国際社会での発言
を強める意向である。

1.ローマ法皇ベネディクト十六世はイスラム諸国との宥和を通じ、支援基盤
を広げたい意向である。

⇒サウジは、イスラム教の二大聖地(メッカとマディーナ)を抱えており、イ
スラム教の守護者として特別な地位にあるとされます。

背景にあるのはまず、三月三十日に閉幕した「アラブ連盟首脳会議」(開催地:
シリア・ダマスカス)でしょうか。今回の会議にはサウジなど十一カ国が「シ
リアのレバノン大統領選に対する内政干渉」を理由に参加せず、不調の中で閉
幕して、アラブ連盟の能力低下が露わになっています。

もうひとつ、三月三十日付のイタリア紙が伝えている
「世界のイスラム教徒の数がはじめてカトリック信者を上回った」
ことも気になりますよね。

それによれば、現存する資料で推定する限り、イスラム教徒の数がカトリック
信者の数を上回ったのは史上初めてなんだそうです。二〇〇六年時、イスラム
教徒は世界人口の19.2%、カトリックが17.4%、キリスト教全体(プロテスタ
ントやギリシャ正教などを含める)では約33%となっています。
キリスト教全体でいうと、まだイスラム教徒より数が多いですね。

イスラム教徒のほうが出生率が高いことが背景のようです。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2008年3月25日 20:25
サウジがバチカンに急接近の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サウジがバチカンに急接近

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/431



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する