軍事情報トップ  »  軍事知識  »  金門島作戦

金門島作戦

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

先日資料を整理していたら、その昔、「金門島作戦」に関して手書きでまとめた紙が出てきました。

金門島作戦というのは、シナ本土を掌握した中共軍が「台湾解放」を目指し、1958年8月23日から行なった上陸作戦のことです。

ここで台湾軍の指揮をとったのが、終戦時の北支那方面軍司令官で、台湾から軍事指導の依頼を受けた根本博 退役陸軍中将でした。根本中将は、師団級のシナ軍を殲滅し、中共の台湾上陸を阻止する原動力になったとされます。

さて、今回出てきた資料には興味深いデータが書かれていました。
中共軍が行なった砲撃の量です。

それによると、
8月23日~9月4日(14日間):約15万発
9月7日~10月5日(29日間):約27万7000発
というものでした。

43日間で合計42万7000発あまりの砲弾が金門島に撃ち込まれています。
一日当たりに換算すると、約1万発です。

現在ならこの多くが弾道ミサイルになるのでしょうね。

敵の能力をいかに飽和させ、対処できない状況を作り出すか。
これが軍事作戦のイロハといわれます。

専守防衛は机上の空論である。
その理由は戦史を見るとよくわかります。

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2007年6月20日 20:16
金門島作戦の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 金門島作戦

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/59

米海軍は二個空母任務部隊(「キティ・ホーク」と「ニミッツ」その他艦艇)の訓練を台湾東方沖で実施 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する