軍事情報トップ  »  軍事知識  »  ブラジル連邦共和国

ブラジル連邦共和国

メルマガ登録・解除
軍事情報
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

■地誌

burajiru-2.gif
「世界の国々」 http://www.ncm-center.co.jp/tizu/burajiru.htm より

1.地勢
南アメリカ大陸東部の主要部を占める。面積は南アメリカ最大。(世界5位)国土の大部分(約63%)がブラジル高原で、ここに国民の過半数が居住している。北部にギアナ高地があり、アマゾン川流域は盆地になっている。アマゾン川は全長6,240mで、北部を西から東に流れ大西洋に注いでいる。

2.略史
1500年、ポルトガルのカブラルが到達し、ポルトガル領となる。1549年、サルバドルに総督府設置。1580年スペイン領となるも1604年にふたたびポルトガル領になる。1808年ナポレオンにポルトガル本国を追われた国王が転住し、1821年までいた。1821年、皇太子のペドロが独立を宣言し、皇帝に即位。この頃からコーヒー栽培が発展している。1888年奴隷解放。1889年、革命が起こり共和国になる。1964年、左翼による権力奪取を警戒した軍部がクーデタで政権を獲得。1970年代中ごろより段階的に民主化が開始され、1985年の大統領選挙で民政復帰。

3.現在の状況

外交:
中南米諸国との関係強化と国連重視、欧米諸国との強調が基本。
98年7月、それまでの核政策を転換し、包括的核実験禁止条約と核拡散防止条約に署名

対外関係:
最大のライバル・仮想敵国はアルゼンチン。

内政:
●89年11月、29年ぶりの大統領直接選挙実施、コロル大統領が当選
●92年12月、不正蓄財疑惑で同大統領辞任。
●94年10月、大統領選挙でカルドゾ元蔵相(中道左派)が当選
●98年10月、カルドゾ大統領再選
●02年10月、大統領選で左翼・労働党のダシルバ氏が決選投票の末当選。
●03年01月、就任したルラ大統領、貧困対策、雇用対策の重視とIMFとの合意遵守を表明
●90年代に、土地なし農民による大農場主の遊休地を占拠する運動が活発化

4.経済情勢
 鉄鉱石など鉱物資源は豊富。ウラン埋蔵量は世界第6位。中南米最大の工業国で自動車・航空機の製造が盛んである。コーヒー生産は世界一。
 91年にアルゼンチン・パラグアイ・ウルグアイと南部共同市場(メルスコル)を構成。
 99年1月変動相場制に移行
 対外債務は03年末時点で2362億ドル。ルラ大統領は財政引締め策を次々に表明、IMFの融資などもあり、経済は回復基調にある。

 
5.政体
 連邦共和国

6.首都
 ブラジリア(人口219.0万)

7.面積
 851.4万平方キロ

8.人口
 18640.5万人(合計出生率:2.1 [03年])

9.言語
 ポルトガル語(公用語)

10.民族
 白人53.7%、褐色(混血)38.5%、黒人6.2%、黄色系(日系人など)0.4%、先住民0.4%

11.宗教
 カトリック73.6%、プロテスタント15.4%

12.国旗
fbrazil.gif


■軍事

1.国防支出
 93億ドル

2.軍隊

人員
 現役:301,759(陸:189,000、海:47,450、空:65,309)
 予備役:1,340,000
 徴兵制(12~18ヶ月)

3.核兵器
●「(1985年に軍事政権から政権を引き継いだ際に)核実験を行うためアマゾン地域に実験場を建設しているとの説明を受け、その後直ちに計画の中止を指示した」(サルネイ元大統領)
●NPT(1968年)以前から、ラテンアメリカ諸国による非核兵器地帯条約(トラテロルコ条約, 1967年)に加盟(その後1998年にNPTとCTBTを批准)。
●最大のライバル・アルゼンチンと特別の核物質管理機構(ABACC)を結んでいる。
●日本がかつて1970~80年代にIAEAや米国と行なった共同研究を踏襲した特別の保障措置(査察)制度を受け入れている。
●「ブラジルには核兵器開発の意図なし」(2004年、米国のパウエル国務長官)。

★陸軍(189,000名[徴兵40,000,現役149,000])

部隊:
7個集団、12個軍区司令部、8個師団司令部(うち3つは軍区司令部に同じ)
1個国境警備旅団(6個大隊)、4個ジャングル旅団、3個装甲歩兵旅団(各旅団は1個装甲騎兵大隊、1個砲兵大隊、2個装甲歩兵大隊で編成)、1個装甲騎兵旅団(1個砲兵大隊、1個機甲大隊、2個騎兵大隊)、4個機械化騎兵旅団(各旅団は1個装甲騎兵大隊、1個砲兵大隊、2個機械化騎兵大隊で編成)、1個特殊作戦旅団(1個特殊作戦大隊、1個コマンドウ大隊、特殊作戦訓練施設)、10個自動車化歩兵旅団(計26個自動車化歩兵大隊)、1個軽歩兵旅団(3個軽歩兵大隊)、1個空挺旅団(1個砲兵大隊、3個空挺大隊)、6個砲兵戦隊(中砲兵)、4個特殊砲兵戦隊、沿岸防空砲兵旅団(3個防空戦隊、軍砲兵8個大隊)、工兵(2個鉄道大隊など)、1個ヘリ旅団(2個ヘリ大隊[各大隊には2個ヘリ隊])、3個国境警備騎兵連隊

装備:
 戦車(464)
  主力戦車:レオポルド1(87)、M60A3(91)
  軽戦車:M4/B/M41C(286)
 偵察車両(409)
  EE9Cascavel(409)
 装甲歩兵輸送車(803)

★海軍(47,450名[徴兵3,200、現役29,650、海兵隊14,600])

部隊:
 第1警備区・教育集団[練習艦隊]司令部(リオデジャネイロ)
 第2警備区司令部(サルバドール)
 第3警備区司令部(Recife)
 第4警備区司令部(Balem)
 第5警備区司令部(Flariancholis)
 第6警備区司令部(サンパウロ)

 航空:
  数個対地攻撃飛行隊、数個対潜飛行連隊、数個汎用任務飛行隊、数個教育飛行隊

 海兵隊:
  1個水陸両用戦師団(1個コマンドウ大隊、1個砲兵連隊、3個歩兵大隊)、1個特殊作戦大隊、8個海兵警備戦隊(各戦隊は3個大隊で編成。海軍警備区に所属)1個工兵大隊

装備:
 潜水艦(4)
  戦術SSK4(「Tupi」級)
 水上艦艇(19)
  航空母艦:1(仏「クレマンソー」改)
  フリゲート:14(ミサイルフリゲート10、通常型フリゲート4)
  ミサイルコルベット:4、
  沿岸掃海艇:6
  沿岸警備艦:50
  沿岸警備艇:44
  病院船:2
  支援・補給用艦艇:31
 水陸両用作戦
  ドック型揚陸艦:2
  戦車揚陸艦:1
  揚陸艇:48
 航空機
  固定翼(26)
  回転翼(71)
   対潜ヘリ26、汎用ヘリ6、支援ヘリ26、訓練用ヘリ13
  ミサイル
   戦術対潜ミサイル(AS-1、AS-12、Sea Skua)


★空軍(65,309名[徴兵2,507、現役62,802])

部隊:4個集団
    COMGAR(作戦)
    COMDABRA(航空宇宙防衛)
    COMGAD(兵站)
    COMGED(人事)

7つの管区をCOMGARが3空軍をもって管轄している
 ●第2空軍
  4個対潜哨戒戦隊、1個捜索救難戦隊、5個捜索救難・汎用戦隊、1個教育戦隊
   装備
    固定翼(偵察7、哨戒30、輸送14、訓練10↑)
    回転翼(支援35↑、汎用58)
 ●第3空軍
  3個防空/対地攻撃戦隊、3個対地攻撃/偵察/訓練戦隊、3個対地攻撃/対反乱戦隊、
  5↑個早期警戒/偵察/情報収集戦隊
   装備
    固定翼(要撃戦闘機57、対地攻撃機57、偵察機11、電子戦機7、早期警戒機5、訓練機230)
    回転翼(汎用14)
 ●第5空軍
  2個輸送/給油戦隊、4個輸送戦隊、7個通信飛行隊
   装備
    固定翼(捜索救難2、空中給油6、輸送131、汎用3、訓練133)
    回転翼(支援・数機)


■準軍隊(385,000↑)

公共治安維持軍
 州軍。陸軍隷下で予備役として扱われている。


■予備役(1,150,000[うち即応予備役は400,000])
 第2予備役225,000をあわせると、予備役の総数は1,340,000名


■海外派遣

コートジボアール[UN ONUCI]:4名(オブザーバー)
東チモール[UN UNOTIL]:2名(オブザーバー)
ハイチ[UN MINUSTAH]:1213名
リベリア[UN UNMIL]:1名
スーダン[UN UNMIS]:7名(オブザーバー)


参考
○「2006データブック・オブ・ザ・ワールド」二宮書店
○「The Military Balance 2005-2006」
○EEE会議 http://www.eeecom.jp/

ソーシャルブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! この記事をイザ!ブックマークに登録する この記事をFC2ブックマークに登録する この記事をニフティクリップに登録する この記事をGoogle Bookmarksに登録する



(投稿日:2006年5月15日 19:51
ブラジル連邦共和国の関連記事 楽天市場ランキングで見る

トラックバック(2)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ブラジル連邦共和国

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://okigunnji.com/mt/mt-tb.cgi/3

海洋パートナーとして極めて貴重な存在 続きを読む

これとて裁判員制度と同じように「あれ?何時の間に決まったの?」になるかも知れません 続きを読む



このページの先頭へ

メールマガジン「軍事情報」

 RSSリーダーで購読する

軍事情報のコンテンツ

 RSSリーダーで購読する